農民・賢太郎 × 詩人・俊太郎、劇場公開!

公開日: : 最終更新日:2014/10/16 生産者・産地情報

農民、漁民、日雇労働者、女子高生、巫女、
同じ国の同じ時代に生きる、
それぞれの暮らし、それぞれの言葉に、
詩は向き合えるか。
- 谷川 俊太郎 -

 

以前のブログ(昨年9月26日付4月28日付) で紹介した
映画『谷川さん、詩をひとつ作ってください』 が
いよいよ劇場公開となる。
封切りは11月15日、渋谷・ユーロスペースにて。

東京・小平の川里賢太郎くんの働く姿に、詩人・谷川俊太郎の詩が流れる。
他にも、福島の女子高生、諫早湾の漁師、釜ヶ崎の日雇労働者、青森の巫女さん
などが登場する。
ホームページも開設されているので、ぜひご確認ください。
⇒ http://tanikawa-movie.com/

 

cast_06

やっぱり土を雑に扱うと、
畑は雑な野菜しか作ってくれないと思っています。
土も生きてますからね。

 

親父の弘さんのセリフも味がある。

cast_07

どうぜやるなら楽しくやった方がいい。
嫌な事や不愉快な思いでしていたら、いいものはできない。

 

生きること、働くこと、同時代を生きるそれぞれの生を見つめ、
詩人は言葉を編んでいく。。。
ドキュメンタリーの映画ってのは、興業的には厳しいに違いない。
一人でも多くの人に観てほしいと願っている。

川里賢太郎をプロデューサー小松原さんに紹介したこと。
これはおそらく、ずっと僕のプチ自慢のひとつになるな。

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「宣言」の罠 ?

何年か前にも吐露したように思うけど、 3月はストレスの月である。

ワクチンと家畜について

首都圏では緊急事態が続く2月23日(祝日)、 函南町の真ん中を蛇行し

自然再生エネの希望と課題

2月13日(土)。 700字程度の小さな原稿を書く。 親会社「

古い船をいま 動かせるのは・・・

2月に入っても新型コロナ感染は収束せず、 2月2日、緊急事態の延長が

この国の今、どんな「歴史」になるのだろう・・

実にいろんなことが起きて、 世情についていけない日々。。。 緊

→もっと見る

  • 2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
ムーラン・ナ・ヴァン COBOウエダ家 大地を守る会 谷川俊太郎 備蓄米 畠山重篤さん 丹那トンネル 福島屋さん 酪農王国オラッチェ あかね 畑が見える野菜ジュース 丹那牛乳 藻谷浩介さん ご当地エネルギー協会 稲田稲作研究会 種蒔人 川里賢太郎さん 無添加ジャム 羽山園芸組合 久津間紀道さん ジェイラップ 桃ジャム カフェ麦わらぼうし 函南町 自然エネルギー 震災復興 丹那盆地 フルーツバスケット 森は海の恋人 箱根峠
PAGE TOP ↑