オラッチェ「東日本大震災チャリティイベント」、今年も開催

公開日: : 最終更新日:2017/03/08 丹那牛乳&酪農王国オラッチェ, 大地を守る会, 震災復興

2月23日(金)、
(株)大地を守る会臨時株主総会開催。
大地を守る会とオイシックスとの株式交換につき、承認を受ける。

翌24日(土)、
両社の経営幹部が河口湖に集合。
合併に向けた一泊二日の集中議論が行われた。

場所は河口湖駅から車で20分くらいの、西湖畔のホテル。
体育館などがあって、大学の体育会が合宿をするような宿だった。

集まったのは30名ほど。
経営陣が両社の現状を把握し、意思の疎通を行ない、
一丸となって目標に向かえるチームにすること。
そして新会社の理念を語り合い、共有すること。

ただの懇親・交流ではない。
この一泊二日で、幹部の一体感をつくり上げる。
その決意のもと、昼食も夕食も休まず、食べながら討議を続けた。
1日目の会議が終わったのは、夜の10時半。
その後の懇親会がお開きになった時には、深夜2時を過ぎていた。

景色など見る余裕もなく、こんな時はいつもなら、
解散後に誰かが「一杯やって帰るか」とか言い出すものだが、
ただフーッとため息を残して、各自家路についた。

濃密すぎる時間のなかで、
沢山の課題があぶり出され、
基本となるミッションと行動規範が確認された。
発表されるのは、3月24日。
両社合同で開催する社員総会の場となる。

「食」から社会を変えるという共通目標を持ちながらも、
手法も組織文化も異にして成長してきた二つの会社である。
簡単なことではないと皆が実感した二日間だったが、
であるがゆえにこそ、
この合併をゼッタイに成功に導かなければならない。
その決意と覚悟を確認し合う合宿にはなったかと思う。

 

余韻を引きずりつつ・・・・予告を。
酪農王国オラッチェでは、3月12日、
東日本大震災チャリティイベントを、今年も開催します。

まだ、終わっていない。
まだ、風化させてはいけない。
そんな思いで、
「僕たちにできる、精一杯のこと」-第6弾!です。

函南の地で、様々な職種、団体が趣旨に賛同し、集まりました。
売上の40%以上を義援金として送ります。
昨年は925,586円集まり、
「石巻日日こども新聞」さんに寄付しました。

車でもOKですが、駐車場には限りがあります。
電車で来られる方には、東海道線・函南駅~オラッチェ間を、
無料シャトルバスが運行しますので、ご利用ください。
たくさんのご来場をお待ち申し上げます。

忘れないと決めた3.11。
僕はこの地から祈ります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「人新世」という時代に

新型コロナウィルスcovid-19 の出現に始まり、 その第3派の猛

その先の “ コモンズ ” を信じて

今年の3月に生まれて初めて大きな病気をしました。 完治はしていま

「フェアトレード」の前に “ 民衆交易 ” があった

12月19日(土)は、二ヵ所の斎場を回ることとなった。 こんな経験、

有機稲作技術の求道者-稲葉光圀さん

悔し涙をこらえて、続けます。 拙くても書き残すことが、僕なりの故人へ

相次ぐ開拓者の訃報に-

「勝負の3週間」どころではなく、 コロナ第3派の勢いが止まらない。

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
COBOウエダ家 福島屋さん 丹那盆地 ジェイラップ 畑が見える野菜ジュース 丹那トンネル 備蓄米 無添加ジャム 箱根峠 久津間紀道さん ご当地エネルギー協会 藻谷浩介さん 函南町 震災復興 カフェ麦わらぼうし 種蒔人 あかね 丹那牛乳 羽山園芸組合 稲田稲作研究会 桃ジャム 谷川俊太郎 森は海の恋人 自然エネルギー ムーラン・ナ・ヴァン 大地を守る会 川里賢太郎さん 畠山重篤さん 酪農王国オラッチェ フルーツバスケット
PAGE TOP ↑