“ つながる ” ジャムでありたい

公開日: : 最終更新日:2017/02/05 あんしんはしんどい日記, 日々日々フルーツバスケット

移民の孫が、移民を排斥している。
「アメリカ・ファースト」って、何だ。わかんない・・・
わかんないけど、書かずにいられない。

かつて「土地を所有する」という概念を持たず、
自然の恵み(生態系)と巧みに共生しながら
その大陸で暮らしていた人々を、
移民たちが暴力的に排除して、
アメリカという「国」は生まれた。黒人奴隷を伴って。

しかしだからこそ、長く内紛も繰り返しながら、
この「国」は、
多様性を尊重する民主主義を育てる歴史も体現してきた。
その国がいま、分裂症の様相を呈している。
「ファースト」って、いったい誰のことなんだろう。
「白人という移民」のことか。。。
新大統領の政策は、支持した層を助けることはないと思う。
君たちの共同幻想は何だ?
「敵はそっちじゃない」と、誰か伝えてくれないだろうか。

世界はグローバル化する。
地球上の人々が瞬時に情報や貨幣を共有する
(あるいは奪い合う)世界は、誰も止められない。
それは悪いことだけでもない。
しかし激しいグローバル化に伴って、
地域の環境・風土・文化を土台とした暮らしの大切さ
=多様性の価値を認める思想もまた
見直されてきている。
それが温暖化対策や生物多様性保全など、
地球規模の課題を解決する(=生存の条件を守る)
鍵であることは間違いない。
課題を理解し合うためのグローバリズムでありたい。

経済(貨幣)は生存条件ではない。
それは社会をつなぐ血として機能させなければならない。
経済のグローバリズム(=誰かの支配)に反対する思想と、
排外主義は一緒ではない。
Mr.トランプの一国主義には、倫理がない。

インドの物理学者であり、行動するエコロジスト、
バンダナ・シバ女史 の言葉を思い出す。
ー「自然との不調和や暴力行為の根源は、人間の分離思想 にある」

意図をもって “ 分断 ” させる政策に、ろくなもんはない。
流されないようにしたい。
分断に対抗する生き方は、つながりを深めることだ。

小さな仕事にも、意思を込めたいと思う。
地道に、地域の資源を守りながら、
消費とつながりながら。

 

熱海駅ビル「ラスカ」で、
熱海梅園の梅ジャムが、ようやく登場しました。

商品の「意義」とか理屈なんて謳ってないけど、
使っていただければ、梅園を支える一助になります。
「食は安全・エコでいこう」という作り手が増えます。
それが社会のリテラシー(知性)を育てます。
ただちょっと、忘れたものを思い出すだけのことだと
思っているんだけど。。。

理念とか理想というのは甘い言葉だろうけど、
それを捨てた現実は、むごく悲惨なものになってしまう。

一個のジャムにも平和への思いがある。
そんな気持ちで仕事をしていきたいと思うのであります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「人新世」という時代に

新型コロナウィルスcovid-19 の出現に始まり、 その第3派の猛

その先の “ コモンズ ” を信じて

今年の3月に生まれて初めて大きな病気をしました。 完治はしていま

「フェアトレード」の前に “ 民衆交易 ” があった

12月19日(土)は、二ヵ所の斎場を回ることとなった。 こんな経験、

有機稲作技術の求道者-稲葉光圀さん

悔し涙をこらえて、続けます。 拙くても書き残すことが、僕なりの故人へ

相次ぐ開拓者の訃報に-

「勝負の3週間」どころではなく、 コロナ第3派の勢いが止まらない。

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
畠山重篤さん あかね 丹那トンネル ご当地エネルギー協会 ムーラン・ナ・ヴァン 久津間紀道さん 丹那牛乳 自然エネルギー 川里賢太郎さん 谷川俊太郎 COBOウエダ家 ジェイラップ 大地を守る会 函南町 箱根峠 羽山園芸組合 震災復興 酪農王国オラッチェ 稲田稲作研究会 種蒔人 桃ジャム 畑が見える野菜ジュース カフェ麦わらぼうし フルーツバスケット 森は海の恋人 丹那盆地 藻谷浩介さん 備蓄米 福島屋さん 無添加ジャム
PAGE TOP ↑