オラッチェで鉄人・坂井シェフを招いての美食会

公開日: : 最終更新日:2016/10/19 丹那牛乳&酪農王国オラッチェ

ビックリしたぞ!
ノーベル文学賞にボブ・ディラン!!!!!
まさに「時代は変わる」(1964年リリースの名曲)だ。

僕がディランの存在を知ったのは、その曲から10年近く後のことで、
最初は正直言ってよく分からず、周りに影響されて聴き始めた。
歌詞の意味や社会に与えた影響など、だんだんと理解するようになって、
いっとき心酔した(これは彼の望む視聴態度ではないけど)。
しかし学生時代に買ったレコードは、いつの間にかなくなっている。
持ってればよかったかしら・・・

 

ま、そんなこの世の喧騒はともかく、
酪農王国オラッチェは、ハロウィンに向けて盛り上げ中であります。

2016101401

ハロウィン本番となる10月30日(日)には、
丹那盆地を妖怪が練り歩く らしい。
現在、パレードに参加する妖怪を募集中とのこと。

妖怪パレードの後はオラッチェ・レストランにて、
地元・長光寺の柿沼忍昭住職による
「施食(せじき)」と言われる法要が行われます。
餓鬼道に堕ちた妖怪たちが、
菩薩さまに地元野菜を使った料理を振る舞われることで救われ、
消えてゆきます。
施食によって人々を貧困から救済する、という教えです。

 

そのレストランでは13日(木)、
「美食会」なる高貴なタイトルの宴席が開かれた。

2016101402

自分は素性・人品的には「妖怪」に近いほうなので、
こういう名前の会には縁がないのだけれど、
招待状をもらったので出ることにした。

招待客は王国の主たる取引先がメインかと思うが、
中に県の関係者もいる。
2016101403

実は王国では来年の春、
地元で有機ハーブ園を営む「落合ハーブ園」と共同で、
6,000㎡の観光ハーブ園を開く計画である。
もちろん無農薬で。

これには県も応援していて、
観光スポットとしてだけでなく、
ハーブを活用した食体験の場として期待されている。

挨拶する国王(酪農王国代表)、片野敏和さん。

2016101404

ウェルカム・ドリンクは、水出しハーブティ「有機マロー」。
加えてオラッチェ名物「風の谷ビール」。

2016101405

 

そして何と! この人が登場した。
「料理の鉄人」で一世を風靡したフレンチ・坂井宏行シェフ。

2016101406

坂井シェフが運営する渋谷のフランス料理店「ラ・ロシェル」の
工藤敏之総料理長とともに、
丹那の乳製品と有機ハーブを使ったオリジナルメニューが披露された。

自家製サーモンヒュメとサーモンのムース。
これまた地元のはちみつを使ったソースに、
ハーブが飾られている。
2016101407

続いて、富士の鶏もも肉のルーロー(きのこを中にして巻いたもの)。
ローズマリー&レモンハーブのソースがかけられ、
ジャガイモのドフィノアを添えて。
2016101408

パンはオラッチェ自家焼きパン。
バターも丹那牛乳自慢の「南箱根の厳選バター」。

そして丹那牛乳のブランマンジェ。
2016101409

パイナップルミントにオレンジの香りが・・・

こういうハイレベルの料理に対して、
僕はまったく表現する力を持たない。
食べながら想像力を膨らませたり、
一つ一つの食材を全身で記憶していく力、その上に経験が必要だ。
「うまい」とか「まあまあ」とか言いながら
漫然と食している自分が恥ずかしくなる。

「食に関わる者なら、もっと真剣に生きろ!」
  - 鉄人に一撃を食らわされたって感じである。

2016101410

最後はオーガニックコーヒーで終了。

参加者と談笑する坂井氏は、厨房とはうって変わって
気さくな方だった。
片野社長夫妻とともに一枚いただく。

2016101411

 

ここが春開園予定のハーブ園。
すでに一部にはラベンダーやローズマリー、ミントなどが植えられていた。

2016101412

来年6月(予定)の丹那交流会では
新たなスポットが出現していて、ハーブ摘み体験が楽しめるはず。

どうぞご期待ください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「宣言」の罠 ?

何年か前にも吐露したように思うけど、 3月はストレスの月である。

ワクチンと家畜について

首都圏では緊急事態が続く2月23日(祝日)、 函南町の真ん中を蛇行し

自然再生エネの希望と課題

2月13日(土)。 700字程度の小さな原稿を書く。 親会社「

古い船をいま 動かせるのは・・・

2月に入っても新型コロナ感染は収束せず、 2月2日、緊急事態の延長が

この国の今、どんな「歴史」になるのだろう・・

実にいろんなことが起きて、 世情についていけない日々。。。 緊

→もっと見る

  • 2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
羽山園芸組合 酪農王国オラッチェ 無添加ジャム 久津間紀道さん 大地を守る会 ご当地エネルギー協会 丹那盆地 函南町 震災復興 丹那トンネル 川里賢太郎さん 桃ジャム COBOウエダ家 カフェ麦わらぼうし 自然エネルギー 稲田稲作研究会 谷川俊太郎 あかね 箱根峠 種蒔人 丹那牛乳 備蓄米 畑が見える野菜ジュース フルーツバスケット ムーラン・ナ・ヴァン 森は海の恋人 畠山重篤さん 福島屋さん 藻谷浩介さん ジェイラップ
PAGE TOP ↑