北海道がヤバイです -台風情報

今年は台風が少ない。
こういう年はかえってデカいのが来たりする。
 - と前に書いた不安が、的中してしまった。

前代未聞の迷走台風10号。
こんな進路は見たことがない。
⇒ http://www.imocwx.com/typ/tyani_10.htm

観測史上初となる、東北地方太平洋側(岩手県大船渡)への上陸。
岩手や宮城ではかなりの被害が出た模様。
短角牛のふるさと山形村(岩手県久慈市)では、
河川が氾濫して牛舎が川になったが、牛は大丈夫だったようだ。
しかし土砂崩れもあって、道路が寸断されている。
宮城・奥松島では、二宮義政さんのカキの筏のほとんどが被害を受けた。
そんな報告が届き始めている。

農産物では、かなりヤバイのが北海道だ。
8月17日に北海道を直撃した台風7号によって、
十勝地方は強風と豪雨に見舞われ、
スイートコーンがかなり倒伏した。
十勝(芽室町)の工場からは、
今年のコーンの缶詰(もろこし畑)は大幅な減産になる、
との連絡を受けていた。

DS-06206163-01A

その後1週間で二つの台風が上陸して、
さらに追い打ちをかけるような10号の来襲。
そして今日、
工場自体が1メートルの浸水を受けたとの一報が入った。
土砂も相当入ったと思われる。
従業員も避難している状態のようで、
「今年の製造は、できそうにない」との悲痛な報告。
言葉にならない。。。

畑が冠水すれば、その後の病害も心配になる。
ことはコーンにとどまらず、玉ねぎ、人参、馬鈴薯と、
被害が拡大していくことが予想される。
天を仰ぎ、ため息をついても、どうしようもない。
苦しい秋になりそうだ。

 

こちら、本日の丹那盆地。

20160831トウモロコシ畑①

20160831トウモロコシ畑③

台風一過の青空が広がる。
残暑の厳しい1日だったけど、
夏休みを賑わした酪農王国オラッチェ名物
「とうもろこし畑の巨大迷路」は、本日をもって閉園となる。
切ない × 2乗3乗~ の、夏の終わり。。。

20160831トウモロコシ畑②

なお注釈。
このとうもろこし畑は、食用のスィートコーンではなく、
牛の飼料用のデントコーンです。

20160831トウモロコシ畑④

北海道のコーンが大打撃ってことは、
畜産や酪農にも影響するワケで、
エサはもう輸入のGM(遺伝子組み換え)コーンでやむなし、
そんな声も広がっていくのだろうか。
自給率向上、一次産業を大事にしよう、とはいかず・・・
それはただの対症療法でしかない。
本当の健康をつくる「生き方」ではない。

海水面温度の上昇がもたらした台風の巨大化。
これも人間の営みがもたらした “ しっぺ返し ” だと言われる。

僕らはすでに、本モノの巨大迷路の中を彷徨っているようだ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

右でも左でもなく・・僕らは前に進めたのか

9月28日(月)。 朝、アパートのドアを開けた途端、 雪を纏った富

食べ散らかされたキャッチフレーズの数々

9月に入り、晴れた日の陽射しはまだきついが、 朝夕の風はさすがに涼し

「食」を支える人が報われる社会を

炎暑が続く夏!となれば、 僕の心根はつい 故郷 に飛びがちになる。

吉田太郎が語る「コロナ後の食」(後編)

「食の未来をつくる生産者の会」主催による 吉田太郎さんのオンライン講

吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、 8月1日、東海地方の梅

→もっと見る

  • 2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
震災復興 羽山園芸組合 フルーツバスケット ジェイラップ 箱根峠 福島屋さん あかね 久津間紀道さん 酪農王国オラッチェ 自然エネルギー ムーラン・ナ・ヴァン 藻谷浩介さん ご当地エネルギー協会 COBOウエダ家 森は海の恋人 カフェ麦わらぼうし 谷川俊太郎 丹那盆地 川里賢太郎さん 大地を守る会 丹那トンネル 函南町 種蒔人 備蓄米 桃ジャム 畠山重篤さん 丹那牛乳 畑が見える野菜ジュース 無添加ジャム 稲田稲作研究会
PAGE TOP ↑