おきたまの頼もしい後継者たち

公開日: : 最終更新日:2016/08/21 大地を守る会, 生産者・産地情報

「全国農業後継者会議」二日目(8/5)は、
おきたま興農舎のほ場見学。

まずは南陽市まで走り、
渡部健太郎くんのリンゴ畑。
果樹栽培の難しさを楽しそうに語る。

20160804後継者会議⑥

挨拶もしっかりしていて、
「頼もしい後継者ですね」とお父さんに水を向ければ、
「いやいや、まだまだ」の返答。
そしていつの間にか、親父が説明に出張ってきてたりする。

20160804後継者会議⑤
(中央で説明するのがお父さん)

要所要所で口ははさむが、できるだけ黙って
見守るように努めていると言う。
ハラハラしながら、忍耐する。
「見るほうが疲れますよ」と笑いながら、
しかし本音は嬉しくてしょうがないのだ。
僕もそんな親の気持ちが分かる歳になってしまったか。。。

牛乳などを駆使して農薬を減らす努力をしている鈴木父子。
収穫まで、気が抜けない日々が続く。
20160804後継者会議⑦

 

次は高畠町まで戻り、小黒耕作さんのブドウ畑に入る。
山の傾斜地にブドウのハウスが並ぶ、
この地方の随所に見られる風景である。
20160804後継者会議⑧

収穫期に入ったデラウェアの棚の下を進む。

20160804後継者会議⑨

説明する小黒耕作さん。
親の願いがそのまんま伝わってくる名前だ。
継いでくれてよかったね。

20160804後継者会議⑩

今日び、山を利用した農業の話題はどこも獣害である。
一番の対策は人がたくさんいて、農業に活気があることだ。
人気のなくなった里山は獣たちの天下となる。
その意味でも、未来は若者たちの活躍にかかっている。
厳しいことだらけだろうけど、
明るく頑張ってほしい、と願う。

小黒さんの、有機栽培の棚田。
美しいね。
20160804後継者会議⑪

興農舎の事務所に戻れば、
枝豆の出荷作業中。品種は「ゆあがりむすめ」。
今年の出来は、まずまず平年並みとのこと。

20160804後継者会議⑫

小林亮代表の娘夫婦、和香子さんと温さんから
在来のモチ米と水稲の育苗ハウスで栽培中の
オカヒジキなどを見せてもらい、
全員で記念写真を撮って解散となる。

とにかく暑い山形だった。
でも夏が夏らしくあるのは、いいことだ。
これからの心配は台風かな。
今年は台風が少ない。
こういう年はかえってデカいのが来たりする。
自然相手の仕事に不安は尽きないが、
それを想定しながら対策を考えるのが農業でもある。
作物は、自然からの恵みであると同時に、
人々の知恵と技術と愛情の賜物なのだ。
四季豊かな日本で、繊細に磨き上げてきた農という世界を
受け継ぐ若者たちに、元気をもらった二日間だった。

別れ際、小黒耕作さんのお嬢ちゃんに
バイバイと手を振ったら、
「ごきげんよう」という言葉が返ってきた。
素晴らしい!
この人たちなら大丈夫だと確信した。

20160804後継者会議⑬

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「人新世」という時代に

新型コロナウィルスcovid-19 の出現に始まり、 その第3派の猛

その先の “ コモンズ ” を信じて

今年の3月に生まれて初めて大きな病気をしました。 完治はしていま

「フェアトレード」の前に “ 民衆交易 ” があった

12月19日(土)は、二ヵ所の斎場を回ることとなった。 こんな経験、

有機稲作技術の求道者-稲葉光圀さん

悔し涙をこらえて、続けます。 拙くても書き残すことが、僕なりの故人へ

相次ぐ開拓者の訃報に-

「勝負の3週間」どころではなく、 コロナ第3派の勢いが止まらない。

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
畠山重篤さん 稲田稲作研究会 大地を守る会 丹那盆地 羽山園芸組合 カフェ麦わらぼうし 川里賢太郎さん ムーラン・ナ・ヴァン 福島屋さん 種蒔人 COBOウエダ家 谷川俊太郎 備蓄米 畑が見える野菜ジュース ご当地エネルギー協会 藻谷浩介さん 丹那牛乳 桃ジャム 久津間紀道さん フルーツバスケット あかね 森は海の恋人 自然エネルギー 箱根峠 函南町 酪農王国オラッチェ 震災復興 無添加ジャム ジェイラップ 丹那トンネル
PAGE TOP ↑