ムーランのウェディングケーキ

公開日: : 最終更新日:2016/07/28 日々日々フルーツバスケット

一週間前(7/18)に
例年より3日早く梅雨が明けたと思ったら、
今日の夕方にはヒグラシの鳴く声が聞こえた。

ヒグラシは秋の季語である。
立秋の七十二候に「寒蝉鳴(かんせんなく)」というのがあって、
昔の暦(こよみ)ではヒグラシが鳴き始めるのは8月13日頃なのだが、
今では7月下旬あたりからの、
真夏の夕を涼しくさせてくれる音になった。

アブラゼミとクマゼミの大合唱は、
夏休みの宿題と麦わら帽子を思い出させる。
それがミンミンゼミ、ツクツクボウシと変わってくると
焦り出すのだ。
子供の頃のヒグラシの記憶はあまりない。
夕方のヒグラシに感傷を抱くようになったのは
中年になってからのような気がする。

 

22日(金)は製造1課の男二人に、
山梨の久津間さんのところまで桃を引き取りに行ってもらった。
去年は初めてだったので自分も行ったが、今年は任せた。

6月に新発売した「久津間さんの桃ジャム」。

久津間桃ジャム

結果的に3年越しの商品開発となった。
桃の達人・久津間紀道の名をはずかしめなければいいがと
少々緊張もしていた。
甘さや固さ(粘度)への要望もいただいたが、
ともあれ全般的には好評でひと安心といったところ。

 

そして23日(土)は
酪農王国オラッチェのレストランで結婚パーティが開かれ、
ケーキ工房「ムーラン・ナ・ヴァン」にて
ウェディングケーキを用意させていただいた。

いかがでしょうか。
オラッチェ ウェディング20160723⑥

フルーツもふんだんに使って、
パティシエ前川、渾身の作品。
オラッチェ ウェディング20160723④

会場でカットする前川大造。
ここはやっぱ、
コック帽かぶって決めたほうが良かったんじゃないか。。。
オラッチェ ウェディング20160723③

ま、皆さんには大変喜んでいただけたようで、
こちらもホッとしました。

近場でしたら、こういう特注も
ご予算に応じてお受けいたしますので、
お気軽にご用命ください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

森は海の恋人

「森と川、海がつながり、鉄が供給されれば美しい故郷はよみがえる。」

首がつながった6月

あれやこれやと仕事に追われているうちに、 「森は海の恋人」植樹祭の報

麦秋の一日

6月2日に開催された「森は海の恋人」植樹祭の報告をしなきゃ と思いつ

G20、追加注文は嬉しいけど・・

森を育む紙製飲料容器普及協議会(もりかみ協議会)から、 6月に開催さ

「水」がつなぐ、ということに・・

田植えが進んだ丹那盆地。   上から撮っ

→もっと見る

  • 2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
自然エネルギー ムーラン・ナ・ヴァン 丹那トンネル 畑が見える野菜ジュース ご当地エネルギー協会 福島屋さん 谷川俊太郎 あかね 種蒔人 森は海の恋人 川里賢太郎さん COBOウエダ家 畠山重篤さん 稲田稲作研究会 箱根峠 ジェイラップ 丹那牛乳 備蓄米 カフェ麦わらぼうし 無添加ジャム 丹那盆地 大地を守る会 フルーツバスケット 酪農王国オラッチェ 桃ジャム 久津間紀道さん 函南町 羽山園芸組合 藻谷浩介さん 震災復興
PAGE TOP ↑