かき氷シロップ・パイン味、好評です。

公開日: : 最終更新日:2016/06/08 日々日々フルーツバスケット, 生産者・産地情報

なかなかブログにも手が回らなくなって、
かつ大地を守る会のHPで連載中の「大地ヒストリー」も
途切れ途切れになってきてしまっている。

この間は株主総会の準備もあって、そのせいか、
夜にはもう文章を書くという気力が残ってない。
社長業1年目のプレッシャーを乗り切れれば
少しは余裕も生まれてくるか・・・いや、そう甘くはないみたいだ。
この孤独感は増していくのだ、きっと。

 

そうこうもがいている間にも、
「かき氷シロップ・パイン味」新発売の評判は上々で、
地元新聞にも取り上げられた。

5月30日付「伊豆日日新聞」。
20160530伊豆日日新聞縮小60

沖縄・真南風(まはえ)さんから急きょ引いたパイナップルは、
製造1課スタッフたちによってすぐさまカットされ、
搾汁した上で、無事、冷凍保管された。

20160531沖縄パイン②

20160531沖縄パイン

地元FMラジオ局からも出演依頼が入った。
6月3日放送の生番組で、とのこと。
こちらは元大地を守る会の職員で、昨年実家の熱海に帰ってきて
我が社に入社してくれた栗本遼に頼んだ。
頑張ってPRしてくれるはず。

貴重な国産パインの生産を持続させるために、
丸のまま引き受けた加工会社がある。静岡の片隅に。
意地でも売ってみせたい。

 

そしてこんな日々でも、意外と読書は欠かさない。
電車の中で、昼休みの数分、風呂の湯船に浸かって、あるいは眠る前に、
日本酒以上に長く続いている外せない習慣になっている。
そこで今月、遅まきながら手にしたのがこれ。
スベトラーナ・アレクシエービッチ著、松本妙子訳
『チェルノブイリの祈り -未来の物語-』(岩波現代文庫)。

チェルノブイリの祈り

1998年に岩波書店から刊行され、
2011年6月に文庫化された。
そして昨年、ノーベル文学賞を受賞した。
前から存在は気にしていたが、不覚にも読んでいなかった。
3.11後はフクシマに没頭してしまったし、
ゲンパツの関連書から “ チェルノブイリの今 ” を
知っている気になってしまっていた。

しかし読んで、深く後悔した。
なんでもっと早く読まなかったんだ。。。

「ご主人は人間じゃないの、原子炉なのよ」

深く癒されない悲しみと、愛。
これは未来の物語だと・・・

読み終えて一カ月近く経つというのに、
まだ言葉が蘇ってくる。

「子どもを生む罪。こんな罪がだれにふりかかるのか、
 あなたはご存知じゃありませんか?
 こんなことば、以前は聞いたこともありませんでした。」

近いうちに改めて紹介させてほしい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「食」を支える人が報われる社会を

炎暑が続く夏!となれば、 僕の心根はつい 故郷 に飛びがちになる。

吉田太郎が語る「コロナ後の食」(後編)

「食の未来をつくる生産者の会」主催による 吉田太郎さんのオンライン講

吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、 8月1日、東海地方の梅

「Go To トラブル」?

7月20日、曇天と雨が続く中で、 今年初めてクマゼミの鳴き声(羽音だ

コロナ禍での模索

6月末から降り続く雨。 途中、一日だけ晴れ間を見たが、その日(7/1

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
福島屋さん 備蓄米 COBOウエダ家 畠山重篤さん ジェイラップ 函南町 ムーラン・ナ・ヴァン 桃ジャム 丹那盆地 丹那牛乳 畑が見える野菜ジュース 丹那トンネル 羽山園芸組合 カフェ麦わらぼうし フルーツバスケット 箱根峠 森は海の恋人 谷川俊太郎 震災復興 稲田稲作研究会 久津間紀道さん 藻谷浩介さん 川里賢太郎さん 酪農王国オラッチェ 自然エネルギー ご当地エネルギー協会 無添加ジャム あかね 種蒔人 大地を守る会
PAGE TOP ↑