これぞホンモノ! 添加物不使用の「かき氷シロップ」

公開日: : 最終更新日:2016/05/29 日々日々フルーツバスケット, 生産者・産地情報

すごく嬉しい記事がアップされたので、紹介させていただきます。

フリーの司会者でモデル、舞踊家、
さらにはライフスタイルアドバイザーの肩書を持ち、
『幸せをはこぶ天使のパン』(主婦と生活社)の著書もある
宇佐美総子(ふさこ)さんが、
ぐるナビの『ippin(イッピン)-あの人の「美味しい」に出会う』
というサイトで我が社のかき氷シロップを紹介してくれたのです。

http://r.gnavi.co.jp/ippin/article-6290/

『これぞホンモノの味! 食品添加物不使用の「かき氷シロップ」』

6290_report_1_9

 

キュレーターとして選ばれた食通が推奨する
厳選グルメを紹介するサイト。
「キュレーター」って博物館や美術館・図書館の学芸員のことだが、
インターネットの世界では、様々な情報を整理して読者に提供する
案内人のような意味で使われているらしい。
情報過多の時代に生まれた
“ 信頼できる情報発信者 ” というワケだ。

そのキュレータの一人、宇佐美総子さんが
子どもたちのために愛用するシロップがこれなんです。

宇佐美さんは、北鎌倉で
天使のパン・ケーキ Gateau d’ange
というパン屋さんを営んでいる。
といっても、パン・ケーキを並べてお客さんを待つお店ではない。

HPによれば、
お連れ合いである元競輪選手・多以良泉己さんが
レース中に事故に遭って全身麻痺となるも、
懸命のリハビリで奇跡的に回復し、
そのリハビリとして始めたパン・ケーキ作りが評判を呼んで、
今では何と!!!
予約しても届くのが最低でも14年先だという。

多以良さんの体調を見ながら、一日数個の製造。
それをじっと待つファンたち。。。
スゴい! スゴ過ぎる。他に言葉が見つからない。

初めて知ったという方、どうぞHPを見てください。
http://www.gateaudange.com/

なんて優しい顔をしているんだろう。
多以良さんと宇佐美さんがつくるパン・ケーキ。
届くまで生きてみようか・・・

いや、それよりも、
二人を裏切らないかき氷シロップを
作り続けなければならない、ということだ。
心してかからねば・・・

 

なおシロップのパイン味は、今年新発売のもの。
原料は沖縄・石垣島、平安名(へんな)貞一さんのパイナップルです。
大地宅配での取扱いはまだですが、
東急ハンズさんではすでに発売を開始してくれています。
東急ハンズで? そう、かき氷器の隣にあります。
ぜひお立ち寄りください。
(ただし取扱いは40店舗なので、置いてない店もあります。)

今年の沖縄は、天候のせいで生育が早まり、
収穫が前倒しとなって沢山のパインがダメになりそう、
との連絡が真南風(まはえ)の坂本代表から入ってきた。
もったいないからと
3000玉(個)を熊本の被災地に送ったとか。
そこで予定外だったが、急きょ引き受けることにした。
かき氷シロップの次はジャムも作る予定です。
乞うご期待ということで。

みんな頑張ってる。
僕も頑張ろう。
暑い日にはかき氷で元気出して、乗り切りましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10月のプレイバック(後半戦)

今さら感は拭えませんが、 まだ復旧途上の場所も多く、避難生活が続いて

10月のプレイバック(前半戦)

10月が嵐のように、いや文字通り嵐をはさんで 走り去っていった。

水源の森で・・・

10月に入り、消費増税が実施された。 我が社の場合、商品はすべて

よくそんなことが‥‥と言われて

ニューヨーク国連本部で開かれた気候行動サミットで、 スウェーデンの1

「水」が問う、国の未来

9月6日付「どうする?日本の水道」の続きを-  

→もっと見る

  • 2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
桃ジャム 谷川俊太郎 無添加ジャム あかね 箱根峠 羽山園芸組合 種蒔人 福島屋さん 酪農王国オラッチェ 丹那トンネル 震災復興 ムーラン・ナ・ヴァン 函南町 森は海の恋人 COBOウエダ家 稲田稲作研究会 藻谷浩介さん カフェ麦わらぼうし ご当地エネルギー協会 備蓄米 川里賢太郎さん 大地を守る会 畠山重篤さん 丹那牛乳 久津間紀道さん フルーツバスケット ジェイラップ 自然エネルギー 畑が見える野菜ジュース 丹那盆地
PAGE TOP ↑