【新登場】畑が見える野菜ジュース

公開日: : 最終更新日:2014/10/06 日々日々フルーツバスケット

新発売!
大地を守る会オリジナル野菜ジュース、第2弾!
『畑が見える野菜ジュース』

畑が見える野菜ジュース

その名の通り、大地を守る会の生産者の野菜を使った、
畑まで履歴が追える野菜ジュースです。
トマトは北海道旭川市の谷口農場、
他6品の野菜(人参・キャベツ・小松菜・ミズナ・ほうれん草・大根)は
さんぶ野菜ネットワーク(千葉県山武市)から。
有機もしくは無農薬栽培(ただし季節によって減農薬になる可能性あり)。
もちろん無添加。
pH 調整には国産レモンと輸入有機レモンを使っています。

一本160g のジュースに使われる野菜の量は170g。
そのうち160g が緑黄色野菜。
厚労省で推奨する1日の緑黄色野菜の摂取量は120g。
このジュースで1日分以上の緑黄色野菜が摂取できます。
また同じく推奨されている一日の野菜摂取量は350g なので、
これ1本で約半分の野菜が摂れることになります。
野菜そのものをちゃんと調理して食べることが大事なのは
言うまでもないこととして、
忙しい時など、次善の策として常備されてはいかがでしょうか。
仕事の合間などにもおススメです。

「野菜のおいしさを最大限に生かして、ちょっと大人の味わい」
をコンセプトに検討が始まって約1年。
大地を守る会の野菜は「野菜本来の濃厚な味」が売りですが、
これがかえって検討を困難にさせたようで、
野菜の選定から配合比の調整など、何度も試作しては試飲を繰り返し、
風味を損なわないバランスとまろやかな飲み口のジュースとして
完成に漕ぎつけました。

生産者の “ 畑が見える ” 野菜ジュース。
大地を守る会の宅配の他、ウェブストア でもご購入できます。
ぜひ一度お試しください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「人新世」という時代に

新型コロナウィルスcovid-19 の出現に始まり、 その第3派の猛

その先の “ コモンズ ” を信じて

今年の3月に生まれて初めて大きな病気をしました。 完治はしていま

「フェアトレード」の前に “ 民衆交易 ” があった

12月19日(土)は、二ヵ所の斎場を回ることとなった。 こんな経験、

有機稲作技術の求道者-稲葉光圀さん

悔し涙をこらえて、続けます。 拙くても書き残すことが、僕なりの故人へ

相次ぐ開拓者の訃報に-

「勝負の3週間」どころではなく、 コロナ第3派の勢いが止まらない。

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
谷川俊太郎 森は海の恋人 稲田稲作研究会 ムーラン・ナ・ヴァン カフェ麦わらぼうし 箱根峠 丹那トンネル 丹那盆地 備蓄米 COBOウエダ家 川里賢太郎さん フルーツバスケット 畑が見える野菜ジュース 震災復興 あかね 大地を守る会 無添加ジャム 久津間紀道さん 丹那牛乳 藻谷浩介さん 羽山園芸組合 酪農王国オラッチェ 種蒔人 ジェイラップ 桃ジャム 自然エネルギー 福島屋さん 畠山重篤さん ご当地エネルギー協会 函南町
PAGE TOP ↑