【新登場】畑が見える野菜ジュース

公開日: : 最終更新日:2014/10/06 日々日々フルーツバスケット

新発売!
大地を守る会オリジナル野菜ジュース、第2弾!
『畑が見える野菜ジュース』

畑が見える野菜ジュース

その名の通り、大地を守る会の生産者の野菜を使った、
畑まで履歴が追える野菜ジュースです。
トマトは北海道旭川市の谷口農場、
他6品の野菜(人参・キャベツ・小松菜・ミズナ・ほうれん草・大根)は
さんぶ野菜ネットワーク(千葉県山武市)から。
有機もしくは無農薬栽培(ただし季節によって減農薬になる可能性あり)。
もちろん無添加。
pH 調整には国産レモンと輸入有機レモンを使っています。

一本160g のジュースに使われる野菜の量は170g。
そのうち160g が緑黄色野菜。
厚労省で推奨する1日の緑黄色野菜の摂取量は120g。
このジュースで1日分以上の緑黄色野菜が摂取できます。
また同じく推奨されている一日の野菜摂取量は350g なので、
これ1本で約半分の野菜が摂れることになります。
野菜そのものをちゃんと調理して食べることが大事なのは
言うまでもないこととして、
忙しい時など、次善の策として常備されてはいかがでしょうか。
仕事の合間などにもおススメです。

「野菜のおいしさを最大限に生かして、ちょっと大人の味わい」
をコンセプトに検討が始まって約1年。
大地を守る会の野菜は「野菜本来の濃厚な味」が売りですが、
これがかえって検討を困難にさせたようで、
野菜の選定から配合比の調整など、何度も試作しては試飲を繰り返し、
風味を損なわないバランスとまろやかな飲み口のジュースとして
完成に漕ぎつけました。

生産者の “ 畑が見える ” 野菜ジュース。
大地を守る会の宅配の他、ウェブストア でもご購入できます。
ぜひ一度お試しください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

竹林整備と「総合的な学習の時間」のお手伝い

1月21日(土)、 ほとんど幽霊会員状態になっている(会費は払ってい

ワイン用ぶどうで作った “ 品格ある ” ジュースの完成!

党派・結社に倚らず、組織的しがらみの空気も読まず、 権力的地位の濫用

「どんど焼き」とともに、遠吠えを

岸田首相の年頭会見には、まだ言いたいことがある。 「本日の遠吠え」を

“ withコロナ ” 時代は腸活で-

新年早々、この国の首相がこう宣(のたま)われた。 「インフレ率を

「謹賀新年」-恒例の賀状も最後でしょうか・・

皆さま。 明けましておめでとうございます。 1月4日より、予定通り

→もっと見る

  • 2023年2月
    « 1月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
丹那牛乳 久津間紀道さん 森は海の恋人 稲田稲作研究会 COBOウエダ家 ムーラン・ナ・ヴァン 丹那トンネル 畠山重篤さん 備蓄米 函南町 ご当地エネルギー協会 福島屋さん 震災復興 フルーツバスケット 酪農王国オラッチェ ジェイラップ 谷川俊太郎 無添加ジャム 自然エネルギー 川里賢太郎さん 大地を守る会 カフェ麦わらぼうし 桃ジャム あかね 丹那盆地 種蒔人 箱根峠 畑が見える野菜ジュース 藻谷浩介さん 羽山園芸組合
PAGE TOP ↑