熊本へ、届け物資

4月14日未明より発生した熊本・九州地方の地震は今も余震が続いています。
被災にあわれた皆様には、心よりお見舞いを申し上げます。
また復旧作業に尽力される方々への感謝と、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

現在(株)フルーツバスケットでは、(株)大地を守る会と連携しつつ、
熊本県内各地(宇城市・阿蘇市・水俣市等)の生産者に
飲料(水・お茶・野菜ジュース)をお届けすべく手配を進めています。
詳細は追ってご報告いたします。

 

宇城市不知火の澤村輝彦さんは昨夜も車中泊とのこと。
余震おさまらず、家の中にいる方が心配なので、と。
とにかく揺れが止まってくれないと再建にも動けない。
つらいですね。

トマトも待ってはくれんとですんで、だいぶ落ちましたけど、
昼は頑張って農作業もやらんとですね。。。

どんなねぎらいも軽く感じられて、言葉に詰まる。
祈るだけではもどかしすぎる。
本日、ヤマトさんも熊本行き荷物を受けるようになったので、急ぎ、
水(伊豆の天然水)、お茶(にっぽんのお茶)、野菜ジュース(野菜を飲もう!)
を送った次第。
必要な物資もいろいろあるし、便利なのはお金だとは思うけど、
何はともあれ手持ちの物資でお役にたてればと思う。
他の生産者とも連絡取りながら順次進めていく所存です。

そういえば、塩トマトの澤村さんがBSフジ「大地にカンパイ!」
紹介されたのがちょうど一年前のことだった。

「大地にカンパイ!」澤村輝彦

肥後もっこすの底力を信じて、復活を祈る。

なお、水では「7年保存水」でお世話になっている
(株)ミロクさんの協力と協賛を頂きました。
この場を借りて御礼申し上げます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「食」を支える人が報われる社会を

炎暑が続く夏!となれば、 僕の心根はつい 故郷 に飛びがちになる。

吉田太郎が語る「コロナ後の食」(後編)

「食の未来をつくる生産者の会」主催による 吉田太郎さんのオンライン講

吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、 8月1日、東海地方の梅

「Go To トラブル」?

7月20日、曇天と雨が続く中で、 今年初めてクマゼミの鳴き声(羽音だ

コロナ禍での模索

6月末から降り続く雨。 途中、一日だけ晴れ間を見たが、その日(7/1

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
稲田稲作研究会 ムーラン・ナ・ヴァン 函南町 あかね 桃ジャム ジェイラップ 羽山園芸組合 丹那盆地 箱根峠 畠山重篤さん 森は海の恋人 丹那牛乳 カフェ麦わらぼうし 自然エネルギー 福島屋さん 川里賢太郎さん 大地を守る会 藻谷浩介さん 丹那トンネル 種蒔人 備蓄米 震災復興 ご当地エネルギー協会 酪農王国オラッチェ 無添加ジャム フルーツバスケット 久津間紀道さん 谷川俊太郎 畑が見える野菜ジュース COBOウエダ家
PAGE TOP ↑