再稼働はあり得ない。

公開日: : 最終更新日:2014/10/16 脱原発・自然エネルギー

今日は東京で脱原発の全国集会が行われた。
デング熱の影響で、急きょ会場が代々木公園から変更になったけど、
それでも亀戸中央公園には16,000人の参加者があったようだ(主催者 発表)。
脱原発の潮流は衰えてはいない。

原発なしで夏も乗り切って、
再稼働しなければならない正当な理由は失われてきている。
残るはお金を吸い上げるシステムの保持と、
政治的・軍事的理由だろうか。

焦点となっている鹿児島の川内原発も、建設されて30年。
当初の理屈なら廃炉へと進むべきものだ。
廃炉と廃棄物管理体制の早急な確立を求めているのは、
脱原発派よりも、原子炉そのものだろう。
建築基準に反するトイレのないマンションには、
これ以上飯を食わせてはいけない。
もはや、再稼働はあり得ない。

この国の進むべき道は、廃炉技術の先進国である。
周辺国のためにも、世界のためにも。

東京での集会には参加できなくて、すんません。
こちらはせめて浜岡をウォッチし続けます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

竹林再生へのキックオフ!

皆さま、お久しぶりです。 といっても、もうすっかり忘れ去られたかもし

no image
お詫びと、記事削除のご報告

古い日記で恐縮ですが、 「大地を守る会」時代の 2014年6月15

“ 祭典 ” の陰で、また向こうで-

8月8日。 賛否入り乱れる中、『東京オリンピック2020』閉幕。

2020年夏の「美」と「醜」を見せられて

8月に突入、連日猛暑が続く。 コロナ第5派の勢いも、凄まじい。

竹林再生に向けて-「協議会」設立

始まってしまえば、つい見てしまうオリンピック競技。 アスリートたちの

→もっと見る

  • 2021年10月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
森は海の恋人 丹那牛乳 川里賢太郎さん 稲田稲作研究会 ご当地エネルギー協会 久津間紀道さん カフェ麦わらぼうし 畠山重篤さん 箱根峠 あかね フルーツバスケット COBOウエダ家 種蒔人 羽山園芸組合 ムーラン・ナ・ヴァン 畑が見える野菜ジュース 谷川俊太郎 備蓄米 桃ジャム 酪農王国オラッチェ 自然エネルギー ジェイラップ 無添加ジャム 福島屋さん 丹那トンネル 函南町 大地を守る会 藻谷浩介さん 丹那盆地 震災復興
PAGE TOP ↑