被災してない僕たちが頑張る-5年目のチャリティ

公開日: : 最終更新日:2016/03/28 かんなみ百景, 丹那牛乳&酪農王国オラッチェ, 震災復興

3月13日(日)。
酪農王国オラッチェで今年も行われた震災チャリティ・イベント、
『被災していない僕たちが頑張る!』。
5年連続の開催。
けっして忘れない、風化させない、の思いを込めて。

20160313オラッチェ・チャリティ➀

函南から届けよう、復興支援の心。
趣旨に賛同した和食・中華・フレンチ・イタリアンなど
のレストランやカフェが出店。
アート・クラフトあり、自然体験あり、接骨院の出張マッサージあり。
ステージでは躍りあり、太鼓あり。
初回(2012年3月)は20団体ほどだった出店数が
年々増え、今年は41団体となった。
やるじゃないか函南! と言ってほしい。

20160313オラッチェ・チャリティ②

各出店者は売上の40%以上を寄付するというルール。
なかには100%寄付する団体もある。
東北各県の日本酒もふるまわれた。

20160313オラッチェ・チャリティ③

20160313オラッチェ・チャリティ④

20160313オラッチェ・チャリティ⑦

20160313オラッチェ・チャリティ⑥

 

今年は、昨年義援金を贈った「石巻日日こども新聞」も、
遠く宮城から参加してくれた。
取材で同行してきた記者は、小学生だ。

20160313オラッチェ・チャリティ⑤

石巻日日新聞と言えば、震災で大被害を受けながらも、
「ペンと紙さえあれば新聞は出せる」と、
翌日から壁新聞を出し続けた地方紙だ。
その精神が子どもたちにも伝えられていることと思う。

20160313オラッチェ・チャリティ⑧

とても元気よく声を出していて、
かえってこちらが励まされる。

 

午後3時。
曹洞宗の僧侶による法要が行われる。

20160313オラッチェ・チャリティ⑨

参加者も並んで焼香し、祈りを捧げる。

20160313オラッチェ・チャリティ➉

20160313オラッチェ・チャリティ⑪

20160313オラッチェ・チャリティ⑫

位牌は『東日本大震災物故者精霊位』。
お経の間、ずっと手を合わせて祈り続ける女性もいた。
僕も祈る。

今回の義援金も
石巻日日こども新聞に贈られることになっている(昨年は110万円)。

20160313オラッチェ・チャリティ⑬

人々の思いや希望がつながって、
未来を切り開く力になってくれるといい。

最後にもう一つ。
王国のレストランでは、震災直後より
被災地を取材し続けたドイツ国営放送のカメラマン、
トビー・マーシャル氏の写真展が開かれた。
その写真群が今もレストランに飾られているので、
ぜひ多くの方に見てほしいと思う。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10月のプレイバック(後半戦)

今さら感は拭えませんが、 まだ復旧途上の場所も多く、避難生活が続いて

10月のプレイバック(前半戦)

10月が嵐のように、いや文字通り嵐をはさんで 走り去っていった。

水源の森で・・・

10月に入り、消費増税が実施された。 我が社の場合、商品はすべて

よくそんなことが‥‥と言われて

ニューヨーク国連本部で開かれた気候行動サミットで、 スウェーデンの1

「水」が問う、国の未来

9月6日付「どうする?日本の水道」の続きを-  

→もっと見る

  • 2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
酪農王国オラッチェ 丹那盆地 畠山重篤さん 丹那トンネル 稲田稲作研究会 あかね 自然エネルギー 丹那牛乳 函南町 備蓄米 種蒔人 福島屋さん カフェ麦わらぼうし 箱根峠 フルーツバスケット 藻谷浩介さん 川里賢太郎さん 谷川俊太郎 久津間紀道さん ご当地エネルギー協会 ジェイラップ ムーラン・ナ・ヴァン 森は海の恋人 COBOウエダ家 震災復興 畑が見える野菜ジュース 大地を守る会 羽山園芸組合 桃ジャム 無添加ジャム
PAGE TOP ↑