マイラベル「種蒔人」でパーティはいかが?

公開日: : 最終更新日:2016/02/23 雑記その他

このところの政治家スキャンダルや暴言・妄言には
血管切れそうになる。
しかも一人や二人ではなく、次から次へと登場してくる。

妻の出産期間中に不倫をはたらいたイクメン議員の議員辞職は
ハレンチな人格問題(別枠)として、
政治資金規正法+あっせん利得処罰法違反に問われるべき
経産省大臣は、大臣辞職だけで逃げ切ろうとしている。
続いて総務相からは、
報道の “ 公平中立 ” を時の大臣が判断できるかのような
「電波停止」発言が飛び出した。
電波は政権の所有物ではないだろう。
両者に対してまったく追及しないメディアも、
かなりアブナくなってないか。

歯舞(はぼまい)を読めない北方担当相。
そして恥ずかしきかな、自らの足元を汚す環境大臣。
「反放射能派がワーワー騒いで~」
 - 反放射能派って何だ。ではあなたは「放射能派」か? 恐ろしい環境大臣だ。
「今まで環境省はエコだの何だの言っていればよかった」
 - 故大石武一さん(初代環境庁長官)が聞いたら泣いちゃうぞ。
「当時の細野という環境相が誰にも相談せず、科学的根拠もなく、
 国の除染目標を1ミリシーベルトと突然決めた」
 - 公平中立を欠く妄言だ。

腰も抜けてしまうような、情けない気分になる。
政治の劣化、モラルの低下が激しく進んでいるとしか言いようがない。
いや、社会のレベルを反映しているのだ、という識者もいる。
悔しいじゃないか。。。。。

 

春一番が吹いた14日(日)。
この日は前日から第20回を迎えた「大和川酒造交流会」が
会津・喜多方で開かれていて、
ワタクシとしては当然、何があっても、新酒「種蒔人」(たねまきびと)の
今年の完成を確かめなければならない日なのだが、
あろうことか娘の結婚式があって、残念ながら参加できなかった。
さすがに娘の結婚式をほったらかして飲みに行くわけにもいかず・・・

そこで弊社のケーキ工房『ムーラン・ナ・ヴァン』で、
大和川酒造の酒粕を使ったパウンドケーキを作ってもらって、
交流会20周年の記念として贈らせてもらった次第。

酒粕パウンドケーキ

パティシエ前川は「酒粕を扱うのは初めて」とのことだったが、
まずまず好評で、大和川酒造・佐藤社長からは
「ウチでも売ってみたい」とのお言葉も頂戴した。
「大地」への売り込みはこれから。

 

そしてもう一つ。
娘の結婚披露パーティ用に
マイラベルを貼った「種蒔人」を用意した。
プレゼントと言いながら、個人的野望も兼ねて。

種蒔人マイラベル

隣の男が目ざわりだけど、まあしょうがない。
一枚一枚、新婦の父がつくって貼りました。

酒の中身も含めて、こちらも大好評。
ラッパ飲みを始めるオヤジや、
空になったボトルを持ち帰ってくれる方も現れて、
手ごたえ充分。

いかがでしょう。
ご自身で作成したオリジナル・ラベルを貼って、
パーティや贈り物などにご利用いただくってのは。
ただし1箱12本単位での購入となります。
また一括表示は裏に貼られます(これは必須)。

この販売案はすでに「大地」に提案中。
もし採用されたなら、ぜひご利用ください。

パーティにご列席の方々には
モニターのお役目も果たしていただき(スミマセン!)、
この場を借りて御礼申し上げます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10月のプレイバック(後半戦)

今さら感は拭えませんが、 まだ復旧途上の場所も多く、避難生活が続いて

10月のプレイバック(前半戦)

10月が嵐のように、いや文字通り嵐をはさんで 走り去っていった。

水源の森で・・・

10月に入り、消費増税が実施された。 我が社の場合、商品はすべて

よくそんなことが‥‥と言われて

ニューヨーク国連本部で開かれた気候行動サミットで、 スウェーデンの1

「水」が問う、国の未来

9月6日付「どうする?日本の水道」の続きを-  

→もっと見る

  • 2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
丹那トンネル ご当地エネルギー協会 あかね 函南町 稲田稲作研究会 大地を守る会 カフェ麦わらぼうし 無添加ジャム 箱根峠 丹那牛乳 種蒔人 畑が見える野菜ジュース COBOウエダ家 酪農王国オラッチェ 丹那盆地 フルーツバスケット 自然エネルギー 森は海の恋人 震災復興 久津間紀道さん 藻谷浩介さん 桃ジャム 畠山重篤さん ジェイラップ 福島屋さん 備蓄米 ムーラン・ナ・ヴァン 川里賢太郎さん 羽山園芸組合 谷川俊太郎
PAGE TOP ↑