なつみずたんぼ

公開日: : 最終更新日:2016/02/09 生産者・産地情報, 食・農業・環境

今年の冒頭でご案内した「なつみずたんぼ」シンポジウム。
朝からの聴講は無理だったが、
最新情報だけでも得ておきたいと、午後から参加した。
会場は東京大学農学部。

なつみず田んぼ①

「なつみずたんぼ」とは、
麦やナタネの収穫が終わった夏場(7~9月)、
ほ場に水を張って湿地状態にすること。
それが渡り鳥に休息地と餌場を提供する役割を果たす。
特に春と秋に日本列島を通過するシギ・チドリ類にとって、
春(北上)は田植えの頃の田んぼが、
秋(南下)は麦刈り後の田んぼが、
貴重な中継地となる。

なつみず田んぼ②

「なつみずたんぼ」は新語である。
実は以前より、麦の連作障害を防止するために
あった技術である。
陸生(畑作)の雑草を抑制する効果もある。

その技術が、生物多様性を増大させ、
減少の一途をたどる渡り鳥を救っていた。
日本列島から干潟や内陸の湿地が消えていく中で、
農民たちが「麦を作り続けるために」やっていた
手間仕事が今、俄かに注目を集め始めたのだ。
大学の研究者だけでなく、
農林水産省から環境省まで、旗を振り始めた。

 

栃木県小山市立寒川小学校の生徒たちが
「なつみずたんぼ」の生き物調査を発表した。

なつみず田んぼ③

小山市は、兵庫県豊岡市から全国に生息地を拡げつつある
コウノトリの飛来を願い、エサ場づくりを始めた。
「なつみずたんぼ」はその一環として、
53軒の農家が取り組んでいる。
小山市内にはラムサール条約に登録された渡良瀬遊水地もある。

「なつみずたんぼ」が始まって、水鳥の飛来が増えた。
子どもたちはその田んぼにどれだけの生き物がいるのか調べ、
ミジンコからトンボのヤゴ、カエル、クモ、ゲンゴロウ、ガムシ類など
20種類以上の小動物を発見し、
なぜ水を張ると増えてくるのか、考察も加えてまとめた。
立派な発表だった。

なつみず田んぼ④

 

非栽培期間の水管理には課題も多い。
どんどん研究が進むのは喜ばしいことだけれど、
官も学も、支援が一過性のものにならないよう、
息長く付き合ってもらいたい。

なつみず田んぼ⑤

農家が、当たり前に続けられるように。
そして、その当たり前の “ 農 ” が、
生命の土台を育んでいるという価値や外部経済効果を、
しっかりと伝えていってほしい。
「ふゆみずたんぼ」もそうだ。
たんに “ 渡り鳥を救うため ” に田んぼがあるんじゃなくて、
健全な農が生命を救う、その道筋を解いてほしい。
農業と国土のポテンシャルを忘れ、
お金(交換価値)の尺度だけで農業を語るTPPや
〇〇ミクスには、生命循環への視点が一片もない。
鳥たちが人間に求めているのは、エサ場の前に
この星の生命の体系を知ることのように思われる。

今回のシンポの案内を送ってくれた菅原孝明さん
(山形県三川町・庄内協同ファーム、マイクを持っている人)。

なつみず田んぼ⑥

減反政策とたたかい、有機農業に挑み、
転作した麦作でも環境への配慮は忘れず、
「なつみずたんぼ」に到達してきた。
国はこういう人たちをないがしろにしないでほしい。

菅原さんたちは、有機JAS認証を取得し、
しかもその先を見つめ続けている。

日本野鳥の会にはぜひ、
こういう人たちの農産物を食べる運動もしてほしいと思う。
もちろんやっている人がいることも知ってはいるけど。

菅原さんは
「もうすぐにの、なつみずたんぼの大麦だけでつくった
麦茶(もちろん無農薬)ができるから」
と嬉しそうに語ってくれた。
楽しみに待ちたい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

為すべきことを為す

遅ればせながらですが- 皆さま、明けましておめでとうございます。

「大和魂」を胸に刻んで

醜悪、汚らわしい・・ 日本中の桜が泣いているぞ! 恥を知れ! と言

桜まで汚された令和元年、でも希望は捨てずに…

我が社ケーキ工房のX'masイベントも終わり、 いよいよ年の瀬を迎え

10月のプレイバック(後半戦)

今さら感は拭えませんが、 まだ復旧途上の場所も多く、避難生活が続いて

10月のプレイバック(前半戦)

10月が嵐のように、いや文字通り嵐をはさんで 走り去っていった。

→もっと見る

  • 2020年3月
    « 1月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
ジェイラップ 畑が見える野菜ジュース あかね 森は海の恋人 谷川俊太郎 久津間紀道さん 無添加ジャム 稲田稲作研究会 丹那盆地 川里賢太郎さん 丹那トンネル カフェ麦わらぼうし 畠山重篤さん 種蒔人 福島屋さん ご当地エネルギー協会 自然エネルギー COBOウエダ家 箱根峠 羽山園芸組合 大地を守る会 フルーツバスケット 震災復興 酪農王国オラッチェ 藻谷浩介さん 桃ジャム ムーラン・ナ・ヴァン 丹那牛乳 備蓄米 函南町
PAGE TOP ↑