丹那盆地、秋の一日

公開日: : 最終更新日:2015/01/25 かんなみ百景

南箱根ダイヤランドという別荘地に居住するのは、
どうも腰が落ち着かないというか、
やっぱ多少の罪悪感を覚えてしまう。
専務と呼ばれるようになっても、
長年培ったプロレタリアート根性は、そう簡単には抜けない。
ダイヤランド
ダイヤランドは広く、千人を超える人が住んでいるようだが、
しかしここは町(地域社会) ではない。
子どもの姿を見ることがないのだ。
地域との接点を持たず、ここで悠々自適に暮らす団塊世代の方々には、
それでいいのか! と問うてみたくもなる。
『男たちの旅路』(80年代のNHKドラマ) の鶴田浩二みたいに。
別に居住者に何か責があると言いたいワケではないんだけどね。
逆に、のんびりするなよ、と自分に言い聞かせたいのか。

まあ、使われなくなった施設を放っておくよりは-
と思って住んでみたものだが、どうにも染まれない自分がいる。
この非日本的な景観を眺めながら
毎日々々丹那盆地と往き来する自分に、
いま一番似合っていると思った曲は、ハンガリーのフォーク音楽、
マルタ・セバスチャンとムジュカスの 『創造』 だろうか。今のところ。
「すみれ色の大地」 というアルバムに収録されている一曲。
スタジオ・ジブリの作品 「おもひでぽろぽろ」 で、
たしか紅花畑のシーンで流れたやつだ。
この曲を聴きながら、どこかに駆けていきたい衝動にかられつつ、
毎朝僕は山から盆地に降りてくる。

盆地では、稲刈り真っ最中。
稲刈り風景

刈った後の稲わらを干して、牛の餌や農業資材として活用する風景が、
ここにはまだ残っている。
稲わら天日干し

田んぼは米だけでない、自給力を提供する土台でもあるのに、
経済学者や政治家は、コメの価格やコスト試算だけで価値を量ろうとする。
このようなエコな農の営みは、いつまで続けられることだろうか。
干しワラを束ねる

 

彼岸花とコスモス

秋の色合いが濃くなってきた丹那盆地の風景と、
宙ぶらりんの私。
早く足元を固めなければ。。。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

竹林再生へのキックオフ!

皆さま、お久しぶりです。 といっても、もうすっかり忘れ去られたかもし

no image
お詫びと、記事削除のご報告

古い日記で恐縮ですが、 「大地を守る会」時代の 2014年6月15

“ 祭典 ” の陰で、また向こうで-

8月8日。 賛否入り乱れる中、『東京オリンピック2020』閉幕。

2020年夏の「美」と「醜」を見せられて

8月に突入、連日猛暑が続く。 コロナ第5派の勢いも、凄まじい。

竹林再生に向けて-「協議会」設立

始まってしまえば、つい見てしまうオリンピック競技。 アスリートたちの

→もっと見る

  • 2021年10月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
あかね 森は海の恋人 畑が見える野菜ジュース 川里賢太郎さん 函南町 酪農王国オラッチェ 箱根峠 谷川俊太郎 ジェイラップ 種蒔人 ご当地エネルギー協会 備蓄米 丹那盆地 稲田稲作研究会 大地を守る会 藻谷浩介さん カフェ麦わらぼうし 無添加ジャム COBOウエダ家 畠山重篤さん フルーツバスケット 震災復興 自然エネルギー 福島屋さん 桃ジャム 羽山園芸組合 丹那牛乳 久津間紀道さん 丹那トンネル ムーラン・ナ・ヴァン
PAGE TOP ↑