「丹那盆地まつり」30周年

祭りは続く。

日比谷~秋葉原とハシゴした次は11月7日(土)。
おひざ元の酪農王国オラッチェにて、
30回目を迎えた「丹那盆地まつり」が開催された。

20151107丹那盆地まつり➀

今年でついに30年。
もとはといえば、
大地を守る会はじめ低温殺菌牛乳を応援する消費者との
交流を目的に開かれたお祭りだった。
それが今や、地元の人たちにとって欠かせない
秋の風物詩となった。
すっかり函南町名物となった「猫おどり大会」も、
この祭りから始まっている。

ま、お祭りなんで解説は手短かに、
写真をいっぱい貼りつけて、
雰囲気を感じ取っていただきましょうか。

20151107丹那盆地まつり②
たくさんの人が集まって
動物たちも嬉しそう。
今日はいっぱい食えるぞ、てなもんで。

丹那牛乳の乳製品から始まって、
自慢の地ビール「風の谷のビール」(有機ビールですよ!)、
焼きそば、たこ焼き、おでんにから揚げ、ミルク甘酒、
クレープ、スペアリブにソーセージ、焼き芋、太巻きずし、
牛乳寒天、雑貨類・・・一番人気は今年もポン菓子か。

いろんな屋台が並ぶ中で、今回の一枚はこれにしよう。
ついに出たか!
丹那トンネルバーガー!
20151107丹那盆地まつり⑦

中身は、エ~と、聞いたけど忘れた。
やっぱ食べないとね。
ご当地B級グルメ大会に名乗り出られるよう
頑張ってください。
来年も登場したら、ちゃんといただきます。

20151107丹那盆地まつり③

お祭りには定番の金魚すくい、
ならぬ今回はメダカすくいだった。
輸入のメダカだと、あとで放流されると困る。
最後まで飼ってほしい。

こんな懐かしい屋台も。
20151107丹那盆地まつり④

この祭りには昭和の香りが残っている。
去年も書いたような気がするが・・・

我がフルーツバスケットも遊んではいない。
スタッフはローテーションを組んでボランティア出動。

20151107丹那盆地まつり⑪

あんまり人がいないね、って?
いやこの時はたまたま、です。
ツカミは、100円の袋に
ミニカップゼリーとフルーツシャーベットを詰め放題!
20151107丹那盆地まつり⑫

お子様限定のサービスなんだけど、
なぜか頑張るのは大人、
しかもオバ・・いえ、お母様たち。。。
20151107丹那盆地まつり⑬

せこい経営者は腹の中で
“これは失敗だ、来年はやめよう” と思う。
しかし、つつましく数個入れて「ありがと」
と言ってくれる坊やがいたりすると
抱きしめたくなって、2個も3個も入れてあげて、
“やっぱ、やってもいいかな” と思い直したり。。。

こちらは地元酪農家の奥さんたちで結成する
「ミルクママ」による地場野菜市。
20151107丹那盆地まつり⑤

お祭りだけでなく、土日も出ている。
僕も時々買わせてもらっている。

開会式で挨拶する片野敏和組合長。
20151107丹那盆地まつり⑥

今年、丹那牛乳は乳製品も含め
過去最高の売り上げを達成した。
TPPで酪農の崩壊が伝えられたりしているが、
消費者に信頼される良いモノを作り続ければ、
必ずや生き残れると信じている。
丹那の製品は海外からもオファーが来ている。
前を向いて、丹那全体を盛り上げていきたい。
・・・なかなか気合の入った挨拶だった。

そしてステージと広場では、
いろんなイベントが繰り広げられる。
踊りに太鼓に合唱にマジックショーなどなど。

20151107丹那盆地まつり⑨

紙芝居もけっこう人気を博していた。
懐かしい昭和の匂い・・
いやどっこい、紙芝居も進化しているのだ。

丹那カルトクイズ大会。
20151107丹那盆地まつり⑧

ホルスタインのオッパイはいくつあるか。
丹那トンネルを所有するのはJR東日本か、それともJR東海か。
けっこう真面目なクイズで、勉強になった。

哺乳瓶での丹那牛乳早飲み競争。
20151107丹那盆地まつり⑩

哺乳瓶というところがミソで、
急いでもゆっくり飲んでいるのと同じだとか。
とはいってもトーナメントのたたかいである。
勝者は何杯も飲むことになる。
ワタクシはとても挑戦できません。

子供たちによるヒップホップダンスが
何組も登場する。
20151107丹那盆地まつり⑮

函南にもダンス教室があって、人気みたいだ。
そのうちサッカーの内田篤人(函南町出身)ばりの
スターが登場するといいね。

ガラス温室の中では、
バターづくり体験が行われていた。
がんばる神尾くん。
20151107丹那盆地まつり⑭

レストランの中庭で、ゆったりとくつろぐ人たち。

20151107丹那盆地まつり⑰

 

家族で楽しい時間を過ごせたでしょうか。

20151107丹那盆地まつり⑯

20151107丹那盆地まつり⑲

最後は餅を投げて閉会。

20151107丹那盆地まつり⑱

みんなの力で地域を盛り上げていきましょう。
丹那盆地に幸あれ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「水」が問う、国の未来

9月6日付「どうする?日本の水道」の続きを-  

台風15号、その後

水をめぐる話の途中ですが、 台風15号による影響について報告を挟みま

どうする? 日本の水道

このところまったく書けませんでした。 夜になると、どうもダレてしまっ

パルシステム・夏の産地交流会 ㏌ 丹那

8月6日、農林水産省が 昨年(2018年)度の食料自給率を発表しまし

『風土 ㏌ FOOD』の9年

長引いた梅雨のせいだろうか、 今年はクマゼミの鳴き声(羽音ですが)を

→もっと見る

  • 2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
羽山園芸組合 フルーツバスケット 自然エネルギー 丹那牛乳 ご当地エネルギー協会 備蓄米 カフェ麦わらぼうし 種蒔人 ジェイラップ 畑が見える野菜ジュース 畠山重篤さん 谷川俊太郎 函南町 COBOウエダ家 震災復興 久津間紀道さん 無添加ジャム 酪農王国オラッチェ あかね 川里賢太郎さん 丹那盆地 桃ジャム 箱根峠 福島屋さん 丹那トンネル 藻谷浩介さん 森は海の恋人 大地を守る会 稲田稲作研究会 ムーラン・ナ・ヴァン
PAGE TOP ↑