上半期終了。明日はもっといい一日にしよう。

公開日: : 最終更新日:2015/10/13 あんしんはしんどい日記

今期もあっという間に上半期が終わってしまった。
特に6月からは日々何かに追いつめられているようで、
どうも気持ちが休めない。
これが1年生社長が受けるプレッシャーというやつか。

気がつけば、
丹那・南箱根ダイヤランドの山も
秋の気配を深めつつあって、
枯葉を踏みながらの出勤に変わっている。

2015093001

ここに仮の居を構えて早や1年と4カ月。
夏-秋-冬-春-夏と5シーズンを経験して、
暮らしは慣れてきた感もある。
特に悪い遊びも覚えず、
夜は慎ましく一人で夜食をつくってるし。

「自分で自分自身のために料理を作るというのは、
それだけでかなりまともな証拠なのだ。」
村上龍の小説『オールド・テロリスト』にあったセリフだけど、
分かるような気がしている。

驚きの変化は、食事のあと片づけが早くなったことだ。
器に盛った後すぐに鍋を洗っている自分がいる、しかも自然に。
料理の腕は全然、いやちょっとずつ。。。

変わらない苦痛は、アイロンかけだ。
なぜかって、
アイロンをかけ始めるとあらゆるシワが気になってきて、
そんな自分がイヤになってしまう。
もう一人の村上、春樹の『ノルウェイの森』には、
主人公のボクがアイロンをかけるシーンがあって、
「シャツにアイロンを掛けている時間が好きだ」
とか何とかそんなことを言わせていたけど、
なんでそんなシーンとコメントを挿入したのか、
今もって理解できない。

 

ま、そんな個人的なことはともかく、
上半期の終了である。

今のところ「業績はまあまあ順調」
と言える範囲内で伸ばせている。
下期にもうひとつ上昇要因を作り出せれば、
予算は間違いなくクリアできるはずだ。
もちろん、ミスや不測の事態なく、を前提としてだが、
心配は尽きないのである。

社長業という孤独に打ち克つ薬は、
目標の達成しかないことを知った3ヶ月だった。
しかし、立てた目標は数字だけではない。
みんなと笑い合えるための、たくさんの計画がある。
手つかずの計画が、まだいっぱい残っている。

富士に初雪が降りる季節が、
そこまで来ている。

2015093002

明日はもっといい一日にしよう。
そう言い聞かせる夜が続く。ひたすら続く。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「コロナ2年」年頭に祈る

皆さま 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。 CO

「人新世」という時代に

新型コロナウィルスcovid-19 の出現に始まり、 その第3派の猛

その先の “ コモンズ ” を信じて

今年の3月に生まれて初めて大きな病気をしました。 完治はしていま

「フェアトレード」の前に “ 民衆交易 ” があった

12月19日(土)は、二ヵ所の斎場を回ることとなった。 こんな経験、

有機稲作技術の求道者-稲葉光圀さん

悔し涙をこらえて、続けます。 拙くても書き残すことが、僕なりの故人へ

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
谷川俊太郎 酪農王国オラッチェ 川里賢太郎さん ご当地エネルギー協会 函南町 桃ジャム 備蓄米 ジェイラップ 無添加ジャム 福島屋さん 震災復興 箱根峠 丹那トンネル カフェ麦わらぼうし 畠山重篤さん 久津間紀道さん 羽山園芸組合 ムーラン・ナ・ヴァン COBOウエダ家 稲田稲作研究会 大地を守る会 フルーツバスケット 藻谷浩介さん あかね 丹那牛乳 畑が見える野菜ジュース 自然エネルギー 種蒔人 丹那盆地 森は海の恋人
PAGE TOP ↑