仕事持参で里帰り

公開日: : 最終更新日:2015/08/31 生産者・産地情報, 雑記その他

8月13日から18日まで夏休みを頂戴し、
郷里(四国・徳島)に帰ってきた。
といっても徳島県には取引先が2社あり、
それぞれに所用もあって、立ち寄らせていただくことにした。
一社は有機のソースやトマト加工品では圧倒的シェアを誇る
光食品(株)さん。
もう一社はダム建設反対運動から生まれた農産加工会社、
(株)きとうむらさん。

相手先の場所を考えると車で行くしかない。
埼玉の自宅から出発して、延べ1600kmを超えるドライブとなった。
なんとな~く体がだるい休日明け。

最初に立ち寄ったのは、光食品さん。
最新の充填機の設置工事中だった。
お盆休み中に機械の入れ替えをすませる計画で、
島田光雅社長はじめ何人かが休み返上で出社されていた。

20150814光食品

有機JAS対応で、行き届いた衛生管理もさることながら、
3.11以前から自然エネルギーに取り組んできたその姿勢は、
我がフルーツバスケットが常に目標とする加工メーカーである。

徳島弁も織り交ぜながら、
いくつか打ち合わせをさせていただき、工場を後にする。
自慢の奥様(池田高校野球部、故・蔦文也元監督のお嬢さん)
も会社におられ、ご家族の写真をいただく絶好機だったのに、
撮るのを忘れて帰ってしまった。
サヨナラのチャンスに見逃し三振みたいな、
アーッしまったー!って感じ。

 

さて、我が郷里といえば、
何年たっても変わらない風景。
時計が止まったような錯覚すら覚える。

201508帰郷①

まるで限界漁村。
消滅町村の筆頭クラスに数えられてしまうのもムベなるかな・・・
隣の町では若者たちによる起業が話題になっているのだが、
こちらはそんな気配もなく、
ひたすら高齢化が進むばかりである。
資源は目の前に広がっているのに。。。

201508帰郷⑤

墓参りに行けば、引っ越ししたお墓が増えている。
あるいは荒れてしまった墓も。
寂しい限りである。

201508帰郷②

こちらは無縁仏の墓。

201508帰郷③

海で亡くなった女性だろうか。

201508帰郷④

静かに寂びれてゆくこの漁村に、
もしも帰ってくることがあるならば、
最後のご奉公をしてみたい、という思いは
今も残滓のように残っている。

上(あるいは横)からの地域活性化には罠も潜んでいる。
地元の手で地元学を拓く、そんな手伝いができるならば・・・
浜に立って、ひょっこりひょうたん島みたいな無人島を見るたびに、
腹の中で何かがくすぶっている自分に気づかされるのだった。

 

仏さんへの供養を済ませ、
阿波踊りの狂らんも去った17日。
今度はひたすら四国山中へと入っていく。
秘境の、さらに奥まで分け入った先に、
平家の落人が身を隠したと言われる
柚子の里・木頭村(現在は那賀町)がある。

20150817木頭村①

ここで今回、託された一つのミッションがあった。
その話を次回に。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「食」を支える人が報われる社会を

炎暑が続く夏!となれば、 僕の心根はつい 故郷 に飛びがちになる。

吉田太郎が語る「コロナ後の食」(後編)

「食の未来をつくる生産者の会」主催による 吉田太郎さんのオンライン講

吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、 8月1日、東海地方の梅

「Go To トラブル」?

7月20日、曇天と雨が続く中で、 今年初めてクマゼミの鳴き声(羽音だ

コロナ禍での模索

6月末から降り続く雨。 途中、一日だけ晴れ間を見たが、その日(7/1

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
ご当地エネルギー協会 丹那牛乳 稲田稲作研究会 函南町 カフェ麦わらぼうし 畑が見える野菜ジュース 福島屋さん 谷川俊太郎 久津間紀道さん COBOウエダ家 無添加ジャム 藻谷浩介さん 種蒔人 畠山重篤さん 丹那トンネル 震災復興 丹那盆地 ジェイラップ 桃ジャム フルーツバスケット 川里賢太郎さん 自然エネルギー 酪農王国オラッチェ あかね 大地を守る会 森は海の恋人 備蓄米 羽山園芸組合 ムーラン・ナ・ヴァン 箱根峠
PAGE TOP ↑