パン嫌いを感動させたジャム

公開日: : 最終更新日:2015/08/06 あんしんはしんどい日記, 日々日々フルーツバスケット

暑い暑いと音を上げている間にも、
丹那盆地の田園にはアキアカネの姿が見えるようになった。
森ではヒグラシやクマゼミに加えて
ミンミンゼミの声も混じるようになり、
夏も後半に入ってきたことが窺える。

大地を守る会のHPで連載中の「ヒストリー」に追われて、
ブログの更新がままならず・・・なんて言い訳していたのが、
ついに! その「ヒストリー」原稿も1週穴を空けてしまった。
毎週金曜日の朝が〆切のところ、
ようやっと先ほど第9話を編集部に送った次第。
この暑さの中で出張が続いたせいで、気力も落ちてしまった。

まったくもって自分で自分の首を絞める日々だけど、しかし
「ヒストリー」の執筆は自分の原点を顧みる作業にもなっていて、
こういう機会を得たことには、素直に感謝したいと思っている。
言い訳や弱音を吐きながらゴールまでたどり着いたとき、
何か新しい地平が見えるだろうか。

さて、連載一回分の穴を埋めてくれたのが、
7月16~17日に新人研修を行なった
㈱大地を守る会営業部の内山哲史(さとし)くんだった。

普段ジャムというものをまったく口にしない男が書いた
フルーツバスケット体験記。
フードレポート「パン嫌いがジャムを作ってみた」。
いいね。
ぜひ読んでやってください。

丹那牛乳や地ビール工房も含めた丹那研修は、
迎える方もけっこう気合いを入れているので、
こういう反応があると、嬉しくなる。
しかも自分が空けてしまった穴まで埋めてくれて、
内山さまには感謝ゝゝでございます。

6名の研修レポートのなかに、
「大地を守る会より大地を守る会らしい・・・」
というコメントがあった。
ま、それくらいのポリシーは持ってやっているつもりだ。

今回は写真がないので、内山くんから拝借。
新人たちが手伝ってくれたジャム。
おいしいです、ほんと。

りんごジャム(内山レポート)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、 8月1日、東海地方の梅

「Go To トラブル」?

7月20日、曇天と雨が続く中で、 今年初めてクマゼミの鳴き声(羽音だ

コロナ禍での模索

6月末から降り続く雨。 途中、一日だけ晴れ間を見たが、その日(7/1

下山久信、来丹。叱りに来たか・・

6月17日(水)、 株式会社フルーツバスケット株主総会開催。 前期

梅雨入りの公園散歩で-

「ようやく」というか、「ついに」というか、、、 僕のところにもアベノ

→もっと見る

  • 2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
種蒔人 稲田稲作研究会 久津間紀道さん 畑が見える野菜ジュース 藻谷浩介さん 丹那トンネル 羽山園芸組合 谷川俊太郎 福島屋さん 丹那盆地 畠山重篤さん 自然エネルギー 函南町 ご当地エネルギー協会 備蓄米 川里賢太郎さん あかね COBOウエダ家 桃ジャム 震災復興 無添加ジャム ジェイラップ フルーツバスケット 酪農王国オラッチェ 森は海の恋人 丹那牛乳 カフェ麦わらぼうし 箱根峠 ムーラン・ナ・ヴァン 大地を守る会
PAGE TOP ↑