ヒグラシの季節にオリーブを植える。

公開日: : 最終更新日:2015/07/20 あんしんはしんどい日記, 日々日々フルーツバスケット

一週間ほど前から、夕方になるとヒグラシが鳴くようになった。
森にこだまするその合唱は、一人暮らしに哀愁を運んできて、
けっこうこたえる。
あるいは竹やイタドリの藪と化した裏庭を眺めながら聴くと、
むかし憧れたソローの『森の生活』にはまったような
錯覚に陥ったりもする。
ソローのように本当の自由を思索してはいないくせに。

賢人のように、庭の草のように貧しさを耕せ。
ー 真崎義博訳(宝島社版より)

 

借りている駐車場にはモミジイチゴが進出してきて、
フロントガラスまで覆いつつある。

201507010蛇イチゴ

赤い実が成って、ポタポタと落ちては、
ボンネットに血のような染みをつけてくれる。
落とす場所を間違えてるよ、まったく。
食べてみると、ほんのりした甘さと酸味があるが、
たくさん採って持ち帰ろうとは思わない。

猛暑が続いたかと思えば台風がやって来て、
農産物が心配になる。
農家はたまらんだろうなあ、と想像しても、
力になれないもどかしさが残るだけだ。

 

16~17日はそんな台風の中、
大地を守る会の2年分の新人6名を迎え、
丹那研修を実施した。
丹那牛乳(「大地を守る会の低温殺菌牛乳」)の
工場見学からスタートし、酪農王国オラッチェ、
ビール工房(「風の谷のビール」)、
そしてフルーツバスケット(FB)研修。

FBでは、ケーキ工房「ムーラン・ナ・ヴァン」での実習、
製造1課はブルーベリージャムの製造実習、
食べ比べも盛り込んだ座学、そして最後に
FBの歴史や役割・営業概況等のレクチャーという
プログラムで進めた。

彼らが一番驚いたのは、ブルーベリーを
手で潰していくという行程だったようだ。
機械ではなく手で潰す。それによって品質を確かめ、
異物混入を防ぎ、実の感触が残るジャムに仕上げられる。
学んだことを多くの人に伝えてほしい。
16日の夜は雨の中、街に下りて一杯やって親睦を深めた。

新人諸君が帰った17日の夜は、歓送迎会。
5年勤めてくれた品質管理室の引地奈美さんが
今月いっぱいで辞め、故郷・宮城に帰られることになった。
8月からは石巻で、被災地の子どもたち向けの
環境教育プログラムや復興支援の職に就かれる
ことになっている。
辞められるのはとても残念だが、
故郷のために働こうという思いを阻むワケにはいかない。
元気よく送り出したいと思う。

 

そんな間にも国会では、安全保障関連法案が
衆議院を通過した。
傲慢かつ詭弁に満ちた憲法解釈を押し通し、
新たな国際平和支援法案と自衛隊法など10の法律改正案を
まとめて一気に通過させるという、圧制以外の何物でもない。
これからの歴史にどうコミットし、
大人としての責任をどう取っていくか、
真剣に生きなきゃいけないと思う。

忘れないぞ、という思いを込めて、
前庭の草をとって、オリーブの木を植えた。

20150712オリーブ定植

この平和の木に毎朝声をかけ、出かけることにしよう。

20150712オリーブ定植②

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下山久信、来丹。叱りに来たか・・

6月17日(水)、 株式会社フルーツバスケット株主総会開催。 前期

梅雨入りの公園散歩で-

「ようやく」というか、「ついに」というか、、、 僕のところにもアベノ

切なくも美しい、大根畑

前回ご紹介させて頂いた「有機レモンのレモネード」。 弊社ウェブストア

ふだん感謝されない人々に-

新発売! 『有機レモンのレモネード』が好評です。 今はまだ

「小満」の風景から、コロナ後を考える

季節は二十四節気の「小満」。 麦の穂が稔り、生気が満ちてくる時節。

→もっと見る

  • 2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
稲田稲作研究会 大地を守る会 あかね 畑が見える野菜ジュース 備蓄米 畠山重篤さん 震災復興 福島屋さん ご当地エネルギー協会 羽山園芸組合 谷川俊太郎 フルーツバスケット 川里賢太郎さん 箱根峠 種蒔人 COBOウエダ家 自然エネルギー 藻谷浩介さん 丹那盆地 森は海の恋人 ムーラン・ナ・ヴァン 久津間紀道さん 無添加ジャム 丹那トンネル 函南町 桃ジャム ジェイラップ 丹那牛乳 カフェ麦わらぼうし 酪農王国オラッチェ
PAGE TOP ↑