「水道の蛇口」から

公開日: : 最終更新日:2015/07/08 かんなみ百景, 食・農業・環境

一週間くらい前の話。
教育大学の学生さんから1通のメールが届いた。
アドレスをどうやって知ったのか分からないけど、
僕の古いブログを見ての質問だった。

2012年11月19日付「短角ナイトⅡ」の記事中、

母国へのお土産に何が欲しいかと聞かれ、
「水道の蛇口」と答えたアフリカ人がいたという話があるが~

と曖昧な記憶で書いた一文に、「情報源を教えてほしい」というものだ。
子供向けの環境教育プログラムを作っていて、
素材として使いたいとのこと。

この手の話は本によるものか雑誌だったのか、
あるいは人から聞いた話だったか、正確に思い出せないものが多い。
「何だったけかなあ・・・」と本棚を眺め、
手始めにと一冊の本を抜いたら、何と、簡単に見つかった。

『日本は世界一の「水資源・水技術」大国』
(柴田明夫著、講談社+α 新書)
51fhMIbIGHL__SX329_BO1,204,203,200_

正確な記述はこう。

アフリカから日本に来た人が、「おみやげに何がほしいですか」と聞かれて
「水道の蛇口」と答えたことがあるという。
蛇口をひねるだけで安全な水がいくらでも出てくる-
そんな生活環境は、世界的に見れば憧れなのである。(13頁)

しかしここでも「~あるという」という伝聞なので、
著者も正確な情報源を持ってないように思われる。
むしろ水の希少さに鈍感な人々に対して、
アフリカ人から発せられた警句だったのではないか。

世界は水の争奪戦に入っている。
いや人類は昔から水を求めて争ってきたとも言える。
世界有数の水資源大国である日本でも、
洪水と渇水を繰り返しながら、山を森にし、水田を張り巡らせ、
こまかい掟をつくって、国土と暮らしを維持してきた。

水はすでに「商品」と化しているが、
その前に社会を安定させるために欠かせない公共財である。
公正な供給システムはインフラの土台だし、
水の汚染はすべての生命の危険に直結している。

 

ここ函南町丹那でも、
かつて水をめぐる激しいたたかいがあった。
1918(大正7)年から16年の年月をかけて建設された
丹那トンネル。
その掘削工事によって地下水が抜けてしまった。
水田と山葵(ワサビ)田が広がる
桃源郷とまで呼ばれた丹那盆地の水が枯れ、
困窮を極めた住民たちが蓆(むしろ)旗を掲げて建築事務所を襲った。
大臣への談判にまで発展した結果、
国による水源確保の工事が行われ、住民の怒りはようやく静まる。

東京-大阪をつないだ世紀の大工事。
鉄道伝説の裏に、温和な人たちが命をかけた物語がある。
このあたりの話は、
吉村昭の名作『闇を裂く道』(文春文庫)をぜひ読んでほしい。
ついでに、よろしかったらこちらも。
2014年10月20日付ブログ「函南町新幹線と慰霊碑」。

 

水の記憶を忘れまいと建てられた記念碑がある。

20150629水源記念碑

水とは “ いのち ” そのものだ。
教育者を目指す彼女へ。
拙いブログを見つけてくれて、ありがとう。
しっかりと子供たちに伝えてほしい。
水を大切にする心は、世界の平和にもつながってるから。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

為すべきことを為す

遅ればせながらですが- 皆さま、明けましておめでとうございます。

「大和魂」を胸に刻んで

醜悪、汚らわしい・・ 日本中の桜が泣いているぞ! 恥を知れ! と言

桜まで汚された令和元年、でも希望は捨てずに…

我が社ケーキ工房のX'masイベントも終わり、 いよいよ年の瀬を迎え

10月のプレイバック(後半戦)

今さら感は拭えませんが、 まだ復旧途上の場所も多く、避難生活が続いて

10月のプレイバック(前半戦)

10月が嵐のように、いや文字通り嵐をはさんで 走り去っていった。

→もっと見る

  • 2020年3月
    « 1月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
COBOウエダ家 カフェ麦わらぼうし 谷川俊太郎 畑が見える野菜ジュース 自然エネルギー 森は海の恋人 函南町 フルーツバスケット 箱根峠 酪農王国オラッチェ ムーラン・ナ・ヴァン 久津間紀道さん 種蒔人 桃ジャム ジェイラップ あかね 藻谷浩介さん 備蓄米 福島屋さん 丹那トンネル 大地を守る会 丹那盆地 丹那牛乳 稲田稲作研究会 ご当地エネルギー協会 無添加ジャム 震災復興 羽山園芸組合 畠山重篤さん 川里賢太郎さん
PAGE TOP ↑