新人、湘南ゴールドに挑む

公開日: : 最終更新日:2015/04/12 日々日々フルーツバスケット

4月に入って早々から出歩いてたけど、
会社ではプチなリフレッシュも試みている。
事務所の曲がっていたブラインドをロールスクリーンに替え、
玄関の看板(表札)を新調した。

20150409看板

些細なことのようで、でも
けっこう大事なことだと思っている。

4月1日には18歳の新人・渡邉七海さんが入社した。
いくつかの手続きやレクチャーをすませ、
いきなり現場に入ってもらい、日報の提出が指示される。

4月1日(水)、キウイジャムの製造。
4月2日(木)、湘南ゴールド(柑橘類)の搾汁。
4月3日(金)、イチゴのかき氷シロップの製造。
そして今週は緑茶、ぶどう、みかん、みぞれ・・・と
かき氷シロップの製造が続いた。

まずは見ながら、次に機械の扱いを教えられ、
順番に手ほどきを受けていく。
こんな感想が日報にある。

毎日が違う作業なので、あっという間に週が終わってしまいました。
1日1日が充実していて、
日に日に変わる製品を作ることに楽しさを覚えました。
全然何もわからない私を芦澤さんやパートさんは
1からきちんと教えてくれて、本当に助かっています。
分からないままではいけないのでどんどん覚えて
どんどん頼ってもらえるような存在になれたらよいです。
疲れたという思いはありません。
むしろ色々教えてもらえて嬉しいし、楽しいです。

初々しく、いいね。
まるで校長センセーになったような気分。
いい学校にしたい、とセンセーも思うよ。
中途半端な不良教師でも、素直になれる時があるもので。

日報にあった「湘南ゴールド」は、
まだ見たことない人も多いのではないだろうか。
神奈川県の農業技術センターが12年かけて開発した柑橘。

20150409湘南ゴールド

「黄金柑(おうごんかん)」という名で知る人ぞ知る
ゴールデンオレンジと今村温州の交配品種。
スダチくらいの大きさの黄金柑に比べひと回り大きく
(それでも小さい)、皮はレモン色で実はオレンジ。
華やかな香りと糖度の高さが売りの注目選手で、
神奈川県はこれをメジャーにしようと力を入れているのだが、
隔年結果(一年ごとに豊作・不作を繰り返す)が激しいようで、
なかなか作りづらいと聞いている。

売り出すにあたっての戦略の一つは、
新しい加工品など兄弟製品をつくることである。
それが豊作対応にもなる。

果汁にして保存することで命をつなげ、
用途も広げることができる(=付加価値をつけられる)。
生産物を生かし、生産者の経営を支えるためにこそ
「加工」という世界があるワケだけど、
多くの加工メーカーは厳しい価格圧力の中で、
輸入の安い原料を選択せざるを得なくなっている。
日本の「食」はまるで、
堀を埋められていってる大阪城のようなものだ。

湘南ゴールドのジュースが、
神奈川の柑橘農家と加工者たちを元気にできるなら、
僕らもやり甲斐があるというもので、
年に一度のキウイジャムと湘南ゴールド搾汁に
いきなり向き合わされた新人には、
シアワセなスタートダッシュだ、と言っておこう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「人新世」という時代に

新型コロナウィルスcovid-19 の出現に始まり、 その第3派の猛

その先の “ コモンズ ” を信じて

今年の3月に生まれて初めて大きな病気をしました。 完治はしていま

「フェアトレード」の前に “ 民衆交易 ” があった

12月19日(土)は、二ヵ所の斎場を回ることとなった。 こんな経験、

有機稲作技術の求道者-稲葉光圀さん

悔し涙をこらえて、続けます。 拙くても書き残すことが、僕なりの故人へ

相次ぐ開拓者の訃報に-

「勝負の3週間」どころではなく、 コロナ第3派の勢いが止まらない。

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
大地を守る会 震災復興 藻谷浩介さん 桃ジャム 森は海の恋人 川里賢太郎さん ジェイラップ 無添加ジャム 丹那トンネル カフェ麦わらぼうし 自然エネルギー フルーツバスケット 函南町 丹那盆地 あかね 谷川俊太郎 備蓄米 種蒔人 ムーラン・ナ・ヴァン 畠山重篤さん COBOウエダ家 羽山園芸組合 丹那牛乳 ご当地エネルギー協会 畑が見える野菜ジュース 久津間紀道さん 箱根峠 酪農王国オラッチェ 稲田稲作研究会 福島屋さん
PAGE TOP ↑