私は「フルーツ加工マスター」

公開日: : 最終更新日:2015/04/09 日々日々フルーツバスケット

昨日6日(月)は朝から大地を守る会の幕張本社に赴き、
会議やミーティングに出て、夜は歓送迎会に主席した。
この時期には行く人来る人移る人と色々あるが、
ローソンから2年間出向で来られていた山口英樹取締役が
ローソン社に戻られるというので、
出ないワケにはいかない。

ローソン社と大地を守る会が業務提携を発表した2年前、
僕は「放射能対策特命担当」という任にあったのだが、
藤田社長に呼ばれ、ローソン社対応の営業窓口を兼務しろ!
とのご沙汰を受けたのだった。
以来、興味津々の周囲の眼を横目に、
僕は山口さんをあちこちの産地にお連れし、酒を飲み、語り合った。
もちろんシビアな営業のプレッシャーも受けていて、
慣れないバイヤーとの商談などもやりながら、
自分なりに大地を守る会の魂と文化を背負って働いたつもりだ。
異文化の国に迷い込んだ心境だっただろう山口さんからは、
逆にプロジェクト・リーダーとしての構えや
目標達成への強い責任感などを学ばせてもらった。

また「放射能連続講座」で講演をお願いした
麻布医院院長の高橋弘先生と一緒に進めていた
「ファイトケミカル」をテーマにした商品化構想は、半年後に
山口さんが新しい商品群「ファイトメンテ」シリーズとして形にした。
僕らはたぶん、両社の一番濃い部分をぶつけ合いながら
付き合っていた。
山口さんとは握手して別れないといけない、そんな気持ちだった。

歓送迎会ではしかし、僕は飲むワケにはいかず(実は車だったので)、
ノンアルコールビールでスタートしたのだが、
周りの攻めに抗することができず、
意志の弱さも手伝って遂に日本酒に手を出してしまった。
結果、何人かの仲間と幕張のホテルに宿を取った。
もちろん、自腹で。

そして問題は、今日の朝だ。
実は朝の8時半に、ラジオ局のFM静岡(K‐MIX)から
生の電話取材を受ける予定になっていた。
8時には会社に連絡が入り、電話回線の確認をする段取りだ。
焦りながらラジオ局とホテルのフロントに連絡し、
部屋で受けることに成功した。

K‐MIXの女性担当者はこちらの心境はお構いなしで、
「出張先まですみませ~ん」と段取りして、
8時27分には男性スタッフから
「本番3分前です。そのまま切らずに待機してください」
との指示。

確認した台本は頭だけ。
「パーソナリティの高橋正純・DJズミから定番の
“ あなたは何のマスターですか ” というとぼけた質問から入りますので、
『はい、私は〇〇マスターです』と答えてください。
あとは流れでいきます。」

〇〇マスターの名称は、事前に打ち合わせていた。
  何て呼べばいいですか。
  ・・・ああ、エビスダニさんの説明は分かりにくいですね。
  “ フルーツ加工マスター ” ってどうですか。あ、いいですね。
  それでいきましょうか、ね!
こういう女性に男は弱い。しっかり誘導されてしまった。

きっかけは、
福島県二本松市「羽山園芸組合」のリンゴをジャムにしたこと。
それをラジオ局が拾ってくれたのだ。
ただ今回の直撃インタビューのコンセプトは、
フルーツ加工のプロとして紹介したい、ということである。
私の性格からして、当然受ける。咳払いなどしながら。

FM静岡。県民には「K‐MIX」の愛称で親しまれている。
平日の朝の番組「モーニングラジラ」(ラジラってなんだ?)
の中、8時半から10分間、
「SUZUKIマスタートーク」(スズキ提供)なるコーナー。
毎日一人、様々な分野のプロ(マスター)に登場してもらい、
仕事の内容やこだわりなどを聞き出すんだと。

電話口からコマーシャルソングが流れ、来たぞ、DJズミの声。
「戎谷さん、お早うございます。
ところで戎谷さんは、何のマスターですか?」
「ハイ、えと、フルーツ加工マスター・・と言わせてください (‘◇’)ゞ」

恥ずかしさで戸惑った心境をスルーしてくれるプロ。
「ほう。フルーツということは果物ですね。どんなお仕事を~」
あとは流れで。。。

正味8分間の電話インタビュー。
契約農家が農薬を抑えながら作った果物を、
添加物も使わず、味と栄養価を損なわない加工法で、
ジャムやジュースに仕上げます。

- いま自慢の製品は何ですか?
そこで「りんごジャム」で福島農家を支援したことも
紹介させていただき、函南にある「酪農王国オラッチェ」で
お買い求めできることも忘れずに伝えて、、、
DJズミにフォローされながら、
まあまあ無難にやれたか、という感じで終了。
ふ~とため息。

函南までの帰り道は、冷たい雨だった。
箱根新道から十国峠あたりは深い霧に覆われ、視界ゼロ状態。
花冷えには寒すぎる。

桜は散って、仮住処の前は桜の絨毯と化していた。

20150407桜散る①

20150407桜散る②

こんなふうにせわしなく新年度が始まっている。

 

Comment

  1. 加藤利江 より:

    戎谷さん、ご無沙汰しています。
    昨年、夏の増上寺での「100万人のキャンドルナイト」の際に何年ぶりかで中井さんにお会いして、戎谷さんがフルーツバスケットに移られたことをお伺いし、大変驚きました。
    「エビちゃん日記」ももう見られないと諦めていましたら、今日 偶然Facebookで戎谷さんの日記が飛び込んできました(鮎川ゆりかさんの紹介)感謝 感謝!
    フルーツバスケットに行かれて様々な出会いが生まれて、お元気そうでなによりです。
    私は3月31日に佐倉国際交流基金を定年退職し、5月から資格を生かして薬膳料理教室を始めます。古くからの友人は「やっぱり『食』に戻ったね」と言います。
    今から思えば、中国留学も今日に繋がっているのかなと思います。
    また、日記でホットなニュースをお知らせください。楽しみにしています。
    今後も ご活躍を期待しています。

    • エビちゃん より:

      加藤利江様。
      たいへんご無沙汰でした! お元気そうでよかったです。薬膳料理教室ですか、素晴らしい。運営するとなると大変な面もあるかと思いますが、楽しみながらやってください。
      鮎川さんのお名前も懐かしいですね。大学の生徒さんを受け入れて講義をやったのを思い出します。FB(フルーツバスケット)の加藤社長がFB(フェイスブック)で私のブログを上げてくれたのが鮎川さんの目に留まったようです。なんとCOBOさんともつながっていたようで、驚いてます。
      ではお元気で。またどこかでお会いできるのを楽しみにしております。コメント有り難うございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「コロナ2年」年頭に祈る

皆さま 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。 CO

「人新世」という時代に

新型コロナウィルスcovid-19 の出現に始まり、 その第3派の猛

その先の “ コモンズ ” を信じて

今年の3月に生まれて初めて大きな病気をしました。 完治はしていま

「フェアトレード」の前に “ 民衆交易 ” があった

12月19日(土)は、二ヵ所の斎場を回ることとなった。 こんな経験、

有機稲作技術の求道者-稲葉光圀さん

悔し涙をこらえて、続けます。 拙くても書き残すことが、僕なりの故人へ

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
カフェ麦わらぼうし 無添加ジャム 稲田稲作研究会 函南町 川里賢太郎さん COBOウエダ家 震災復興 丹那盆地 ムーラン・ナ・ヴァン あかね 種蒔人 フルーツバスケット 大地を守る会 谷川俊太郎 森は海の恋人 桃ジャム 丹那牛乳 酪農王国オラッチェ 久津間紀道さん 羽山園芸組合 藻谷浩介さん ジェイラップ ご当地エネルギー協会 自然エネルギー 箱根峠 畠山重篤さん 福島屋さん 備蓄米 丹那トンネル 畑が見える野菜ジュース
PAGE TOP ↑