被災していない僕たちが頑張る!

公開日: : 最終更新日:2015/04/28 かんなみ百景, 丹那牛乳&酪農王国オラッチェ, 震災復興

今日、酪農王国オラッチェで、
東日本大震災チャリティイベントが開催された。
『被災していない 僕たちが頑張る!』と銘打って。

20150315オラッチェ⓪

届け、この想い。
僕たちにできる、精一杯のこと。

東日本大震災から4年が経ちました。
計画停電や買い占めによる狂気があった事を忘れぬよう、
天災をきっかけに今も続く人災を風化により消し去らぬように。
未だ苦しんでいる人、多くの不幸があります。
幸いにも平穏に暮らせている僕たちができる事
「被災地のために頑張る!」

様々な職種、団体が趣旨に賛同し、集まりました!
売上の40%以上を義援金として送ります。
出店者、来場者全員の力で大きな優しさを届けたいと思います・・・

今年で4回目の開催だが、年々規模が大きくなっているという。
「風化」という言葉で嘆いたりする前に、
意思を持ってアクションを持続させることが必要なんだ。

20150315オラッチェ➀

函南から三島・沼津・伊豆の国あたりまで広がって
30以上の飲食店や団体が名乗りを上げ、
それぞれに「〇〇%を寄付します」と告知して、
自慢の食を振る舞ったり、物品販売で協力する。
体験教室を開くNGOもあれば、マッサージを提供する整骨院もある。
この一日で、昨年は100万円の寄付を達成しているんだから、
あなどれないぞカンナミ(函南)!

20150315オラッチェ②

地元の農業高校「田方農業高校」も出店。
頑張ってるね。
今年の春、新卒の女子を一人採用する予定。
これも微力ながら地域への貢献だと思っている。

20150315オラッチェ③

動物たちもお祭りが好きなのか、
嬉しそうだ。

20150315オラッチェ⑪

20150315オラッチェ⑤

ステージ前には募金箱が置かれ、
アーティストたちが歌い、訴えている。

20150315オラッチェ④

伊豆半島の小さな盆地から被災地に想いを届けようと、
みんなで一致協力している姿は、
けっこう感動もんだったりして・・・

我がフルーツバスケットでは、作ったばかりの
「つぶ入りピュアなりんごジャム」で、
ささやかながらお手伝いをさせていただいた。

20150315オラッチェ⑥

幸い反応も上々で、
800個の追加製造を決めたところである。
でもこれだけじゃなく、
来年はもっといろいろ出して、しっかりと協力しなくちゃ、と思う。

伊豆総合高校の郷土芸能部による和太鼓演奏。
和の文化を受け継ぐ若者たちも、意外と多いのである。

20150315オラッチェ⑦

 

午後2時48分。黙とう。
そして震災で受難された方々の鎮魂を祈ってお経が唱えられ、
参加者で供養の御焼香をたむける。

20150315オラッチェ⑧

20150315オラッチェ⑨

20150315オラッチェ⑩

3月11日は、オレはこんな所にいていいのかと自問してしまったけど、
今日ようやく、しっかりと手を合わせることができた。
思い出したのは、南三陸で亡くなったエリンギの生産者、千葉幸教さんだ。
奥さんの茜さんや二人のお嬢ちゃんたちは元気だろうか。
どうか見守ってやってね、千葉さん。
僕らも頑張るから。。。

たくさんの被災者の無念を「風化」させてはならない。
祈ることで、決意も新たになる。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「食」を支える人が報われる社会を

炎暑が続く夏!となれば、 僕の心根はつい 故郷 に飛びがちになる。

吉田太郎が語る「コロナ後の食」(後編)

「食の未来をつくる生産者の会」主催による 吉田太郎さんのオンライン講

吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、 8月1日、東海地方の梅

「Go To トラブル」?

7月20日、曇天と雨が続く中で、 今年初めてクマゼミの鳴き声(羽音だ

コロナ禍での模索

6月末から降り続く雨。 途中、一日だけ晴れ間を見たが、その日(7/1

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
ムーラン・ナ・ヴァン 桃ジャム フルーツバスケット 大地を守る会 酪農王国オラッチェ あかね 丹那盆地 畑が見える野菜ジュース 藻谷浩介さん 稲田稲作研究会 種蒔人 函南町 備蓄米 畠山重篤さん 震災復興 箱根峠 COBOウエダ家 ご当地エネルギー協会 森は海の恋人 福島屋さん 無添加ジャム 羽山園芸組合 川里賢太郎さん 丹那牛乳 自然エネルギー 谷川俊太郎 カフェ麦わらぼうし ジェイラップ 丹那トンネル 久津間紀道さん
PAGE TOP ↑