つながりは、ここにある。

公開日: : 最終更新日:2015/03/18 大地を守る会, 生産者・産地情報, 食・農業・環境

いや、こんなに書くつもりはなかったんだけど、
ついつい引っ張ってしまった。
「だいち交流会・幕張会場」
- 森から海への、大地を守る会のつながり。

里から海へ、とくれば
専門委員会「おさかな喰楽部」の登場。
海と魚に触れ、漁師や水産加工者たちと交流し、
お祭り大好きで、包丁さばき講座もやれば、
時に漁業の未来などを語り合う、人気の専門委員会だ。
北海道厚岸町の漁師の植林活動を応援してきた実績もある。

吉田和生事務局の活動報告に続いて、
海をテーマに指名された生産者は、北海道斜里町から
「(有)知床ジャーニー」代表の羽田野達也さん。
世界自然遺産にも登録された知床半島で、
えぞ鹿肉や鮭の加工・販売を手掛ける。
社名の名付け親は作家の故・立松和平さんである。

20150302地区集会⑤

知床の雄大な自然とそこに生きる動物たちの姿が
スライドで紹介され、
森と海のつながりを体現する王者・鮭のお話へと続いた。

近代合理主義に毒された僕らは、もっと熊や鮭から学ばないと、
とんでもないことになるんじゃないか。
いや、もうなってるか。
山仕事から始まったこの展開を、
サラッとまとめて済ませられなくなったのは、
そんな思いに駆られたせいかもしれない。

テーブルを囲んで懇談に入る前に、もう一人。
福島でたたかってきたこの人に、4年間の苦闘と得たものを
語ってもらった。
「大地を守る会の備蓄米」生産者である「稲田稲作研究会」、
法人組織は ㈱ジェイラップ、代表の伊藤俊彦さん。

20150228伊藤俊彦

今までに経験したことのない大地震と、
直後に襲ってきた放射能の災禍。
この未曽有の事態にひるみおののきつつも、
家族と仲間のために、自らを奮い立たせてきた4年の歳月。
徹底した分析に裏打ちされた除染技術の獲得、
そして実践、分析、また実践、その積み重ねで
たどりついた今の思い。
「食べてください、と頭を下げてお願いするつもりはありません。
 ただ、孫たちに食わせても大丈夫と胸を張れるコメを
 皆さんに届けてきたという自負はあります。」

世界じゅうのゲンパツが廃炉の時代に入りつつある今
(現在29カ国に431基の原子炉が存在する)、
彼らが獲得した科学と技術と哲学は、いつか世界を救う。
これが「大地を守る会の備蓄米」の底力でもある。
僕らは、食べるという行為によって、
未来の安全弁を支えているのだ。
この輪を、僕は何としても守り続けたいと思う。

20150302地区集会⑥

森-里-海、いやたしかに僕らはつながっている。
この企画、もっと洗練させてやってみたいね。
そんな気になったのだった。
「食べる人」とはどんな存在なのか、
その答えもきっと浮かび上がってくるように思う。
まさに、つながりはここにあるのだ。

あとは懇親会、そして二次会へと続いて、お開き。
数時間後には新宿での「オーガニックフェスタ」が
待っている。。。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「コロナ2年」年頭に祈る

皆さま 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。 CO

「人新世」という時代に

新型コロナウィルスcovid-19 の出現に始まり、 その第3派の猛

その先の “ コモンズ ” を信じて

今年の3月に生まれて初めて大きな病気をしました。 完治はしていま

「フェアトレード」の前に “ 民衆交易 ” があった

12月19日(土)は、二ヵ所の斎場を回ることとなった。 こんな経験、

有機稲作技術の求道者-稲葉光圀さん

悔し涙をこらえて、続けます。 拙くても書き残すことが、僕なりの故人へ

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
酪農王国オラッチェ COBOウエダ家 震災復興 ジェイラップ 羽山園芸組合 カフェ麦わらぼうし 桃ジャム 川里賢太郎さん 箱根峠 フルーツバスケット 森は海の恋人 無添加ジャム 藻谷浩介さん あかね 丹那牛乳 久津間紀道さん 丹那盆地 大地を守る会 自然エネルギー 谷川俊太郎 稲田稲作研究会 畑が見える野菜ジュース 丹那トンネル 函南町 ご当地エネルギー協会 畠山重篤さん 種蒔人 ムーラン・ナ・ヴァン 福島屋さん 備蓄米
PAGE TOP ↑