風の谷にやってきた。

公開日: : あんしんはしんどい日記

ここはいつも風が吹いている。
爽やかな風の日もあれば、湿り気たっぷりの日もあり、
静かにそよぐ日もあれば、時に嵐のような強風が吹き荒れたりしながら、
いつも風が流れている。
ここでつくられる地ビールの名は「風の谷のビール」。
ピッタリのネーミングだと思う。
三鷹の森ジブリ美術館のカフェ 「麦わらぼうし」 でも飲まれている。

熱海と三島の間にあり、360度山に囲まれた函南(かんなみ)町丹那盆地。
標高 250mのこの盆地の下を、東海道本線の丹那トンネルと
東海道新幹線の新丹那トンネルの2本が走っている。
箱根という難所を避け、東西を地下トンネルでつなぐ
歴史的難工事が行われた場所。

数分おきに弾丸列車が走り、
日本経済にも多大な貢献をし続けている要所の上に
のどかな田園風景が横たわっているのを、
通過する乗客たちは想像できるだろうか。
大正7年から16年の歳月をかけて丹那トンネルが開通した際、
視察に訪れた高松宮様が語られた言葉が、
函南町の歴史に記されている。
「いまに旅客たちは、
このトンネルを作った時の苦心を忘れ、みんな呑気に通るのだ。」

6月16日、僕はそんな地に、
単身赴任という哀しいような楽しいような身となって
やってきた。

2014091101田んぼから見るオラッチェ

皆さま、こんにちは。
フルーツバスケットの戎谷(えびすだに)徹也です。
3ヶ月前まで大地を守る会で31年と7カ月勤務して、
子会社の農産加工会社である(株)フルーツバスケットに
専務取締役として着任しました。
偉そうだね、なんだか。

この間、取引先への挨拶回りなどしながら勉強の日々。
専務といっても加工品製造の世界はほとんど新人と同じなもんで、
現場研修も経験させてもらったりして。
大地を守る会時代から引きずっている放射能対策関連では
福島に2度足を運び、有機農業関係の集会にも参加してきました。
そして少しずつ、新しい仕事の種まきも。

気がつけば、早や3ヶ月。
ヒグラシやミンミンゼミの大合唱に覆われた夏も過ぎ、
スズムシやコオロギの羽音に癒される季節に入って、
ようやっとブログの再開を決意しました。
始めるとしんどくなると知っていながら-

ま、これからボチボチと、
FB (フルーツバスケットの略称。フェイスブックではありません)
の仕事から農産加工の世界について、
あるいは様々な活動や日々の思いなど、
書き綴っていきたいと思います。
ホームページの全面改訂にも着手しましたが、
こちらは少々時間がかかりそう。

この道の向こうにある未来を信じて-

まずは再開の口上まで。
以前と変わらぬお付き合いをいただければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。

ポニー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「食」を支える人が報われる社会を

炎暑が続く夏!となれば、 僕の心根はつい 故郷 に飛びがちになる。

吉田太郎が語る「コロナ後の食」(後編)

「食の未来をつくる生産者の会」主催による 吉田太郎さんのオンライン講

吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、 8月1日、東海地方の梅

「Go To トラブル」?

7月20日、曇天と雨が続く中で、 今年初めてクマゼミの鳴き声(羽音だ

コロナ禍での模索

6月末から降り続く雨。 途中、一日だけ晴れ間を見たが、その日(7/1

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
酪農王国オラッチェ 函南町 福島屋さん 畑が見える野菜ジュース 藻谷浩介さん 丹那トンネル 備蓄米 ムーラン・ナ・ヴァン 森は海の恋人 谷川俊太郎 羽山園芸組合 川里賢太郎さん 桃ジャム 畠山重篤さん あかね 丹那盆地 COBOウエダ家 種蒔人 稲田稲作研究会 震災復興 ジェイラップ 久津間紀道さん ご当地エネルギー協会 大地を守る会 フルーツバスケット 丹那牛乳 箱根峠 自然エネルギー 無添加ジャム カフェ麦わらぼうし
PAGE TOP ↑