「 月別アーカイブ:2020年04月 」 一覧

「水車むら」詩人、臼井太衛さんに

晴れた日の空が以前より透き通って感じるのは 気のせいだろうか。 特に夜、何気にベランダに出て空を眺めた時に、 星がキレイに、はっきりと見える気がしたのは、 たまたまその日が格別に空気が澄んでい

続きを見る

今を「歴史」として学び、生きる。

あれよ、という間に桜の季節は過ぎ去り・・・ 早や鯉のぼりの季節。   丹那盆地では今、 サギたちが餌を食む光景が人々を癒してくれている。 この盆

続きを見る

右でも左でもなく・・僕らは前に進めたのか

9月28日(月)。 朝、アパートのドアを開けた途端、 雪を纏った富

食べ散らかされたキャッチフレーズの数々

9月に入り、晴れた日の陽射しはまだきついが、 朝夕の風はさすがに涼し

「食」を支える人が報われる社会を

炎暑が続く夏!となれば、 僕の心根はつい 故郷 に飛びがちになる。

吉田太郎が語る「コロナ後の食」(後編)

「食の未来をつくる生産者の会」主催による 吉田太郎さんのオンライン講

吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、 8月1日、東海地方の梅

→もっと見る

  • 2020年4月
    « 1月   5月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
桃ジャム 谷川俊太郎 震災復興 丹那盆地 大地を守る会 福島屋さん あかね 畑が見える野菜ジュース 自然エネルギー 箱根峠 フルーツバスケット 酪農王国オラッチェ 函南町 種蒔人 ジェイラップ 丹那牛乳 COBOウエダ家 森は海の恋人 久津間紀道さん 丹那トンネル 無添加ジャム ムーラン・ナ・ヴァン カフェ麦わらぼうし 畠山重篤さん ご当地エネルギー協会 藻谷浩介さん 川里賢太郎さん 稲田稲作研究会 備蓄米 羽山園芸組合
PAGE TOP ↑