「 月別アーカイブ:2020年04月 」 一覧

「水車むら」詩人、臼井太衛さんに

晴れた日の空が以前より透き通って感じるのは 気のせいだろうか。 特に夜、何気にベランダに出て空を眺めた時に、 星がキレイに、はっきりと見える気がしたのは、 たまたまその日が格別に空気が澄んでい

続きを見る

今を「歴史」として学び、生きる。

あれよ、という間に桜の季節は過ぎ去り・・・ 早や鯉のぼりの季節。   丹那盆地では今、 サギたちが餌を食む光景が人々を癒してくれている。 この盆

続きを見る

「宣言」の罠 ?

何年か前にも吐露したように思うけど、 3月はストレスの月である。

ワクチンと家畜について

首都圏では緊急事態が続く2月23日(祝日)、 函南町の真ん中を蛇行し

自然再生エネの希望と課題

2月13日(土)。 700字程度の小さな原稿を書く。 親会社「

古い船をいま 動かせるのは・・・

2月に入っても新型コロナ感染は収束せず、 2月2日、緊急事態の延長が

この国の今、どんな「歴史」になるのだろう・・

実にいろんなことが起きて、 世情についていけない日々。。。 緊

→もっと見る

  • 2020年4月
    « 1月   5月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
丹那トンネル フルーツバスケット 久津間紀道さん 酪農王国オラッチェ 大地を守る会 COBOウエダ家 震災復興 ご当地エネルギー協会 丹那盆地 羽山園芸組合 桃ジャム 稲田稲作研究会 藻谷浩介さん あかね ジェイラップ 畠山重篤さん 森は海の恋人 備蓄米 箱根峠 種蒔人 ムーラン・ナ・ヴァン 函南町 自然エネルギー 畑が見える野菜ジュース 谷川俊太郎 カフェ麦わらぼうし 無添加ジャム 丹那牛乳 福島屋さん 川里賢太郎さん
PAGE TOP ↑