「 月別アーカイブ:2018年08月 」 一覧

暑い夏の終わりに

恐ろしく暑かった8月も終わるけど、まだクソ暑い。 それでも少しばかり風は変わってきていて、 標高240mの丹那盆地に吹く今日の風はわりと爽やかだ。 夜には鈴虫の音も聞こえ、 秋がそこに来ている

続きを見る

遊雲の里で、40年ぶりの再会

人生には不思議なタイミングで邂逅が重なることがある。 しかもこんな縁ってあるのか、というような 驚きの再会がクロスして現れることが、人生にはあったりする。 そんな時には、強い引力が働く。

続きを見る

夏休みもオラッチェで交流会

我が社の事務所の前の、酪農王国オラッチェの通路に、 突然、おばけカボチャが雑然と並べられた。 聞けば、農場でハロウィン用に栽培していたところ、 猛暑のせいで生育が早まってしまって、収

続きを見る

7回目の「風土 in FOOD」

今年も来てしまった。 というか、やっぱ来ないと気持ちが済まない。 8月4日(土)、福島県須賀川市泉田字作田。 田んぼで生きてきたような地名の場所で、 ジェイラップが主催する夏祭り「風土 ㏌ F

続きを見る

藤本敏夫さんの17回忌

7月26日(木)、中国から視察団が訪れた。 中国・遼寧省で高級ワインを製造する「太陽谷庄園」 というメーカーが中心になって設立された 有機食品のネット販売団体「源食倶楽部」の生産者たち15名

続きを見る

「コロナ2年」年頭に祈る

皆さま 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。 CO

「人新世」という時代に

新型コロナウィルスcovid-19 の出現に始まり、 その第3派の猛

その先の “ コモンズ ” を信じて

今年の3月に生まれて初めて大きな病気をしました。 完治はしていま

「フェアトレード」の前に “ 民衆交易 ” があった

12月19日(土)は、二ヵ所の斎場を回ることとなった。 こんな経験、

有機稲作技術の求道者-稲葉光圀さん

悔し涙をこらえて、続けます。 拙くても書き残すことが、僕なりの故人へ

→もっと見る

  • 2018年8月
    « 7月   9月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
自然エネルギー 大地を守る会 羽山園芸組合 備蓄米 ムーラン・ナ・ヴァン あかね フルーツバスケット 震災復興 川里賢太郎さん ご当地エネルギー協会 丹那トンネル カフェ麦わらぼうし 谷川俊太郎 函南町 ジェイラップ 酪農王国オラッチェ COBOウエダ家 丹那盆地 久津間紀道さん 丹那牛乳 桃ジャム 福島屋さん 畠山重篤さん 無添加ジャム 森は海の恋人 箱根峠 藻谷浩介さん 種蒔人 畑が見える野菜ジュース 稲田稲作研究会
PAGE TOP ↑