「 月別アーカイブ:2018年02月 」 一覧

「ふるーつさんとべじたぶるさん」

雪一色の北海道から帰ってきました。 今回の主たる目的は、FB(フルーツバスケット)の 新しい野菜ジュースの製造立ち合い。 委託先は、マルハニチロ北海道・富良野工場。 その昔、デージー食品と

続きを見る

「らでぃっしゅぼーや」の結集、新しいチームパシュートの誕生

北海道に来ています。 昨日(25日)のうちに羽田から旭川空港に飛び、 バスで富良野まで南下、ここで2泊という出張計画。 宿の前の風景。 北海道も今年は雪が多く、 例年の1.5倍は

続きを見る

今年の3.11は-

2018/02/17 | 未分類

やっぱり、、ひと言なりでも記しておきたい。 2月10日、作家・石牟礼道子さんが亡くなった。 90歳。 長く闘病生活にありながら執筆を続けておられたが (報道によれば渡辺京二さんらによる口述筆記

続きを見る

「種蒔人」25回目の誕生、次の四半世紀へ

2月3日(土)、 昨年紹介した渡辺智史監督の新作ドキュメンタリー映画 『おだやかな革命』が東中野の「ポレポレ東中野」にて封切りとなり、 勇んで出かけたところ、何と!! 満席で入れないという事態

続きを見る

月に誓う

2月7日(水)午前7時半に出社。 (「大地」時代のエビを知る人は信じられないだろうけど、   だいたいいつもこれくらい。) 温度計は-7℃を表示していて、 もしかしてこの冬一番の冷え込みになっ

続きを見る

「食」を支える人が報われる社会を

炎暑が続く夏!となれば、 僕の心根はつい 故郷 に飛びがちになる。

吉田太郎が語る「コロナ後の食」(後編)

「食の未来をつくる生産者の会」主催による 吉田太郎さんのオンライン講

吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、 8月1日、東海地方の梅

「Go To トラブル」?

7月20日、曇天と雨が続く中で、 今年初めてクマゼミの鳴き声(羽音だ

コロナ禍での模索

6月末から降り続く雨。 途中、一日だけ晴れ間を見たが、その日(7/1

→もっと見る

  • 2018年2月
    « 1月   3月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728  
酪農王国オラッチェ 福島屋さん 丹那盆地 ムーラン・ナ・ヴァン 函南町 丹那トンネル 畑が見える野菜ジュース 藻谷浩介さん 震災復興 無添加ジャム あかね 森は海の恋人 谷川俊太郎 桃ジャム 稲田稲作研究会 COBOウエダ家 久津間紀道さん 自然エネルギー 羽山園芸組合 ご当地エネルギー協会 丹那牛乳 カフェ麦わらぼうし 川里賢太郎さん ジェイラップ 箱根峠 大地を守る会 備蓄米 種蒔人 フルーツバスケット 畠山重篤さん
PAGE TOP ↑