「 月別アーカイブ:2016年12月 」 一覧

FBの2016年、10大ニュース

2016年も暮れてゆきます。 皆さま、今年もお世話になりました。 心より感謝申し上げます。 大地を守る会に入社したのが1982年。当時26歳。 以来34年。 様々な部署・業務を経て、辿り

続きを見る

十勝で踏ん張る、平譯優さん

12月19日(月)、 北海道は帯広を訪ねた。 目的はスィートコーン缶詰対策。 秋の波状的台風上陸による河川氾濫と土砂流入によって、 委託していた工場(日本缶詰KK.さん)が製造不能となり、

続きを見る

モデル・香菜子さんの体験レポート

さる12月8日、 モデルでかつデザインや執筆もするという クリエーターの香菜子さんが取材にやって来て、 我が社フルーツバスケットだけでなく 酪農王国オラッチェを丸ごと堪能していかれました。

続きを見る

「伊豆の牛乳寒天」の継承

12月10日(土)。 ふと気分転換に歩いてみたくなって、 函南原生林に足を延ばした。 といっても、原生林手前の公園散策までだったけど。 まだ紅葉が残っていた。 人影もなく、静かな

続きを見る

地域活性化の鍵は「ヒト」から

光陰矢の如しだ。。。 「一瞬!」という時間にも、余裕を見つけることがある。 しかし終わっていく日々に焦燥ばかりが残っていくのはなぜだろう。 「あ~あ、昨日も書けなかった・・」 今日ではなく

続きを見る

「食」を支える人が報われる社会を

炎暑が続く夏!となれば、 僕の心根はつい 故郷 に飛びがちになる。

吉田太郎が語る「コロナ後の食」(後編)

「食の未来をつくる生産者の会」主催による 吉田太郎さんのオンライン講

吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、 8月1日、東海地方の梅

「Go To トラブル」?

7月20日、曇天と雨が続く中で、 今年初めてクマゼミの鳴き声(羽音だ

コロナ禍での模索

6月末から降り続く雨。 途中、一日だけ晴れ間を見たが、その日(7/1

→もっと見る

  • 2016年12月
    « 11月   1月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
備蓄米 フルーツバスケット 福島屋さん ジェイラップ 久津間紀道さん カフェ麦わらぼうし 羽山園芸組合 震災復興 あかね 丹那盆地 畠山重篤さん 畑が見える野菜ジュース COBOウエダ家 自然エネルギー 森は海の恋人 桃ジャム 丹那牛乳 藻谷浩介さん 稲田稲作研究会 函南町 種蒔人 大地を守る会 川里賢太郎さん 酪農王国オラッチェ ムーラン・ナ・ヴァン 箱根峠 無添加ジャム 谷川俊太郎 丹那トンネル ご当地エネルギー協会
PAGE TOP ↑