「 月別アーカイブ:2016年07月 」 一覧

オーガニック・エコを日本のライフスタイルに

2016/07/28 | 食・農業・環境

昨日は山口県から秋川牧園直販部の加藤玲子さんが わざわざ訪ねて来てくださった。 秋川牧園さんの直販店舗で何品か当社製品を扱っていただいている。 ただ僕はご挨拶だけでお話できず、失礼してしまった。

続きを見る

ムーランのウェディングケーキ

一週間前(7/18)に 例年より3日早く梅雨が明けたと思ったら、 今日の夕方にはヒグラシの鳴く声が聞こえた。 ヒグラシは秋の季語である。 立秋の七十二候に「寒蝉鳴(かんせんなく)」というの

続きを見る

ゲンパツを止めた町はいくつもある。

東京電力は今日、 原子力規制委員会の有識者会合で、 今進めている福島第1原発の凍土遮水壁について、 完全に凍結させることは難しいとの見解を示した。 福島第1原発1~4号機の原子炉建屋とター

続きを見る

チェルノブイリの祈りを

参議院選挙が終わった。 ほぼマスコミが予測した通りの結果で、 まあ長い経験からさほどの驚きはないけれど、 これでいいのかという疑問は年々深まる。 憲法改正は争点ではないと言いながら、 勝利を

続きを見る

「ウエダ家のにおわないぬか床」発売!

コワい菌の話のあとは、体にいい菌の報告を。 3月に行なわれた ウエダ家(COBO株式会社)さんの漬け物講座で紹介した ぬか床(の商品化)が完成し、 めでたく大地宅配にて発売となりました。

続きを見る

薬剤耐性菌が世界的に広がっている、という話

あれも書こうかこれも伝えたいとか思っているうちに、 早くも一年の半分と一週間が過ぎて、 7日には旧暦二四節気でいう「小暑」に入った。 ということで皆様、 暑中お見舞い申し上げます。 でも

続きを見る

「食」を支える人が報われる社会を

炎暑が続く夏!となれば、 僕の心根はつい 故郷 に飛びがちになる。

吉田太郎が語る「コロナ後の食」(後編)

「食の未来をつくる生産者の会」主催による 吉田太郎さんのオンライン講

吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、 8月1日、東海地方の梅

「Go To トラブル」?

7月20日、曇天と雨が続く中で、 今年初めてクマゼミの鳴き声(羽音だ

コロナ禍での模索

6月末から降り続く雨。 途中、一日だけ晴れ間を見たが、その日(7/1

→もっと見る

  • 2016年7月
    « 6月   8月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
畑が見える野菜ジュース 種蒔人 福島屋さん 久津間紀道さん 丹那牛乳 谷川俊太郎 藻谷浩介さん 大地を守る会 稲田稲作研究会 あかね ムーラン・ナ・ヴァン カフェ麦わらぼうし 函南町 COBOウエダ家 ご当地エネルギー協会 丹那盆地 川里賢太郎さん 森は海の恋人 羽山園芸組合 ジェイラップ 無添加ジャム 箱根峠 備蓄米 丹那トンネル 自然エネルギー 畠山重篤さん フルーツバスケット 桃ジャム 酪農王国オラッチェ 震災復興
PAGE TOP ↑