「 月別アーカイブ:2016年01月 」 一覧

なつみずたんぼ

今年の冒頭でご案内した「なつみずたんぼ」シンポジウム。 朝からの聴講は無理だったが、 最新情報だけでも得ておきたいと、午後から参加した。 会場は東京大学農学部。 「なつみずたんぼ」

続きを見る

無農薬茶の先駆者、「大地」を愛し続けてくれた樽井ち江子さん

前回に続いて先週の報告。 1月22日(金)。 朝イチで「大地ヒストリー」の原稿を編集部に送って、 あとは逃げを打って外出する。 熱海から新幹線に乗り、東京から東北新幹線に乗り継ぐ。 新白

続きを見る

『がぶり』という雑誌があった。

2016/01/27 | 大地を守る会

半年前から、 大地を守る会のHPで連載中の「ヒストリー」に追われている。 これがけっこうつらい。 しかし自分で引き受けてしまった結果なので、 誰にも文句を言えない。 1月は、 大地を守

続きを見る

ひたすらみかんジュース、の季節

異例の暖冬で始まった2016年も、 大寒を待ってたかのように寒波が襲来した。 丹那盆地に雪は降らなかったけれど、 身を切るような冷たい風が帰ってきた。 本日1月25日(月)。 朝7時半、

続きを見る

謹賀新年。不気味なくらい暖冬ですね。

皆さま、遅ればせながら 明けましておめでとうございます。 2016年が皆さんにとって良い一年になりますよう 願っております。 ・・・という挨拶も白々しく聞こえるくらい 不安要素ばかりの世情で

続きを見る

元号の変わり目に-

5月1日をもって日本の元号が「令和」になります。 「初春令月 気淑風

一粒の涙に希望があることを-

21世紀枠の母校自慢はあと回しにして、 前回の最後に紹介したかった詩

“忘れない” を誓う日

3月はプレッシャーの月である。 年度末の総括に決算、来期予算編成、人

甲子園と「農家オブザイヤー」を考える。

この場で私的な話題を出して恐縮ですが、 私の母校(徳島県立富岡西高校

3ブランドによる価値創造はこれから、だ

県民投票による民意を「真摯に受け止め」ながら「軽く無視」して、 強引

→もっと見る

  • 2016年1月
    « 12月   2月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
酪農王国オラッチェ 自然エネルギー 谷川俊太郎 大地を守る会 藻谷浩介さん 丹那盆地 カフェ麦わらぼうし 無添加ジャム ムーラン・ナ・ヴァン 久津間紀道さん フルーツバスケット 丹那牛乳 桃ジャム 種蒔人 畠山重篤さん 羽山園芸組合 ジェイラップ 箱根峠 丹那トンネル 函南町 福島屋さん 震災復興 畑が見える野菜ジュース ご当地エネルギー協会 備蓄米 川里賢太郎さん 稲田稲作研究会 あかね 森は海の恋人 COBOウエダ家
PAGE TOP ↑