「 月別アーカイブ:2015年11月 」 一覧

お祭り月間終え、はや師走…

11月も終わり。 早い、早すぎる・・・ 社長業1年目というストレスに加えて、 6月から始めた「大地ヒストリー」の連載に 書くというエネルギーをかなり奪われていて、 どうもブログが後回しに

続きを見る

天城越え

2015/11/21 | 雑記その他

11月13日(金)夕方に 南伊豆水産の大輪さんと別れ、 このまま帰るのはあまりにもったいないと、 南伊豆の山中に宿を取った(海も近いけど)。 野天風呂に入り、伊豆の酒と肴で たまさかのリフレ

続きを見る

伊豆半島、奥深し…

先週金曜日(11/13)は、 二人の生産者を訪ねて伊豆半島を下った。 1人は伊豆市冷川(ひえかわ)という山中で 平飼い養鶏を営む ㈲伊豆鶏業の佐藤俊夫さん。 もう一人は南伊豆町の南伊豆水産

続きを見る

「丹那盆地まつり」30周年

祭りは続く。 日比谷~秋葉原とハシゴした次は11月7日(土)。 おひざ元の酪農王国オラッチェにて、 30回目を迎えた「丹那盆地まつり」が開催された。 今年でついに30年。 も

続きを見る

ポランの収穫祭

11月1日(日)午後。 日比谷公園を後にして、次の会場 秋葉原「Arts Chiyoda」(アーツ千代田)に向かう。 NPO法人ポラン広場東京主催 『オーガニック&ナチュラル ポラン広場の

続きを見る

土と平和の祭典-「命こそ宝」

2015/11/08 | 大地を守る会

丹那暮らしの拠点「ウェルカム」に 椿の花が咲いた。 いよいよ冬モードに入っていく。 「ウェルカム」は 会社所有のアパートに付けられた名称で、 昔は大地を守る会職員のリフレッシュ施設と

続きを見る

「食」を支える人が報われる社会を

炎暑が続く夏!となれば、 僕の心根はつい 故郷 に飛びがちになる。

吉田太郎が語る「コロナ後の食」(後編)

「食の未来をつくる生産者の会」主催による 吉田太郎さんのオンライン講

吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、 8月1日、東海地方の梅

「Go To トラブル」?

7月20日、曇天と雨が続く中で、 今年初めてクマゼミの鳴き声(羽音だ

コロナ禍での模索

6月末から降り続く雨。 途中、一日だけ晴れ間を見たが、その日(7/1

→もっと見る

  • 2015年11月
    « 10月   12月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
COBOウエダ家 丹那牛乳 ジェイラップ 丹那盆地 フルーツバスケット 無添加ジャム 畠山重篤さん あかね 森は海の恋人 大地を守る会 種蒔人 丹那トンネル 稲田稲作研究会 震災復興 藻谷浩介さん ムーラン・ナ・ヴァン 箱根峠 函南町 酪農王国オラッチェ 谷川俊太郎 久津間紀道さん 羽山園芸組合 カフェ麦わらぼうし 桃ジャム 備蓄米 福島屋さん 畑が見える野菜ジュース 川里賢太郎さん 自然エネルギー ご当地エネルギー協会
PAGE TOP ↑