「 月別アーカイブ:2015年10月 」 一覧

私の6次化実践論

10月の残りの記録。 10月13日(火)。 山梨から桃の生産者・久津間紀道さん来社。 桃ジャムを含めた桃加工品の実現に向け、 現地での一次加工の可能性を一緒に探っている。 1回ジャムを作

続きを見る

ほんとの幸を考える

まったくブログに手が回らない日が続いた。 忙しさは変わってないのだが、 考え事がふえたせいか。 一つ一つの判断がもはや個人的意見ではなく、 組織としての結論や決断になる。 悩んだ末の行動は迅

続きを見る

グレインマイスター・・穀物はいのち

2015/10/13 | 食・農業・環境

10月11日、富士山に初雪が降った。 やっぱ富士には雪だよね。 ・・と愛でてみるも、これは これから寒くなっていく予告でもある。 そろそろ南箱根での2回目の冬に向かって、 心の準

続きを見る

稲田は今年も元気

あ~、今年も行けなかった。 どこへって? 福島県須賀川市「ジェイラップ」(稲田稲作研究会)と 組んで、毎年欠かさず実施してきた 『大地を守る会の備蓄米 収穫祭』である。 今年も10月3日

続きを見る

「食」を支える人が報われる社会を

炎暑が続く夏!となれば、 僕の心根はつい 故郷 に飛びがちになる。

吉田太郎が語る「コロナ後の食」(後編)

「食の未来をつくる生産者の会」主催による 吉田太郎さんのオンライン講

吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、 8月1日、東海地方の梅

「Go To トラブル」?

7月20日、曇天と雨が続く中で、 今年初めてクマゼミの鳴き声(羽音だ

コロナ禍での模索

6月末から降り続く雨。 途中、一日だけ晴れ間を見たが、その日(7/1

→もっと見る

  • 2015年10月
    « 9月   11月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
丹那トンネル 自然エネルギー 羽山園芸組合 あかね 畑が見える野菜ジュース 藻谷浩介さん 谷川俊太郎 ジェイラップ カフェ麦わらぼうし 稲田稲作研究会 丹那盆地 酪農王国オラッチェ 備蓄米 畠山重篤さん 震災復興 桃ジャム 森は海の恋人 ご当地エネルギー協会 種蒔人 川里賢太郎さん COBOウエダ家 福島屋さん 函南町 丹那牛乳 大地を守る会 無添加ジャム 久津間紀道さん フルーツバスケット 箱根峠 ムーラン・ナ・ヴァン
PAGE TOP ↑