「 日々日々フルーツバスケット 」 一覧

オラッチェに小錦八十吉現る

原生林の守り人-その2。 分かりますでしょうか。 人面ブナに出会ってから、 後を追いかけてくるように現れるんです。 守護霊になってくれればいいんだけど・・・ 原生林の帰りに眺

続きを見る

『もろこし畑』3種、無事入荷

昨日(10月3日)朝イチで、 FB伊豆の国センターに大型トレーラーが入る。 北海道から、 我が社のテッパン商品「もろこし畑」(コーン缶詰)の クリームタイプと裏ごしタイプ、 合わせて5千ケー

続きを見る

北海道に今年も台風上陸、コーン倒れる。

9月18日、台風一過の丹那盆地。 日差しはまだ強さが残るが、 爽やかな風が吹いて、 秋がこれから深まっていくことを感じさせる。 すでに収穫期を迎えた田んぼ。 倒伏も少なく、乗り切

続きを見る

夏休みには、アイスクリーム作り体験を

続いて8月10日(木)。 酪農王国オラッチェに、パルシステム生協静岡の 組合員さんたちがやってきた。 パルシステム静岡・伊豆産地交流会 『家族で参加、アイスクリーム作り体験』会。

続きを見る

今年も届いた、桃とパイナップル

新潟・越後妻有レポート・・・ まだ整理できず、 この間の報告を先にすませます。   8月8日、大地を守る会から取材陣がやってきた。 機関誌『NEWS大地を守る』10月号で、

続きを見る

オーガニックEXPOと道の駅

8月5日(土)から一泊二日で新潟に行ってきた。 十日町を起点に松代そして津南まで駆け足でめぐる。 古くから妻有(つまり)地方と呼ばれ、 3年ごとに地域一帯をフィールドとして開催される 国際芸術

続きを見る

暑いですね。

皆さま、暑中お見舞い申し上げます。 まだ梅雨は空けてないのに、猛暑ですね。 体調はいかがでしょうか。  - と書き出したまま5日ほど放っていたら、 19日に梅雨明けが発表されてしまった。

続きを見る

発酵ナイト

合併-新会社設立を数ヵ月後に控えていても、 大地を守る会の活動は休まず続く。 今期、新しい専門委員会が生まれた。 名前は「発酵ラボ」という。 奥深い発酵の世界を極めていこうと発足された。

続きを見る

焦る日々・・・

強行採決への怒りにまかせて書いている間も、 現場はチョー多忙である。 製造1課には、18日(金)、 沖縄・真南風(まはえ)さんから、 今年のパイナップル第1陣が届いた。 今年は早々から豊

続きを見る

憲法記念日、働きながら思う

5月3日、今日は憲法記念日。 今年ほど、この日に「憲法」を意識した年はない。 いや正確には、年々強くなってきたというべきか。 国の宰相が堂々と「改正」を主張する時代になって、 しかも今日は「2

続きを見る

「人新世」という時代に

新型コロナウィルスcovid-19 の出現に始まり、 その第3派の猛

その先の “ コモンズ ” を信じて

今年の3月に生まれて初めて大きな病気をしました。 完治はしていま

「フェアトレード」の前に “ 民衆交易 ” があった

12月19日(土)は、二ヵ所の斎場を回ることとなった。 こんな経験、

有機稲作技術の求道者-稲葉光圀さん

悔し涙をこらえて、続けます。 拙くても書き残すことが、僕なりの故人へ

相次ぐ開拓者の訃報に-

「勝負の3週間」どころではなく、 コロナ第3派の勢いが止まらない。

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
森は海の恋人 久津間紀道さん ご当地エネルギー協会 震災復興 福島屋さん 自然エネルギー ムーラン・ナ・ヴァン あかね 丹那牛乳 種蒔人 カフェ麦わらぼうし 大地を守る会 ジェイラップ 酪農王国オラッチェ 備蓄米 畠山重篤さん 谷川俊太郎 丹那盆地 フルーツバスケット COBOウエダ家 羽山園芸組合 箱根峠 函南町 無添加ジャム 藻谷浩介さん 畑が見える野菜ジュース 丹那トンネル 川里賢太郎さん 稲田稲作研究会 桃ジャム
PAGE TOP ↑