「 かんなみ百景 」 一覧

梅雨入りの公園散歩で-

「ようやく」というか、「ついに」というか、、、 僕のところにもアベノマスクが届いた。 ある日突然、函南の単身赴任アパートのポストに入っていた。 ・・・てことは、埼玉の自宅と合わせて、

続きを見る

「小満」の風景から、コロナ後を考える

季節は二十四節気の「小満」。 麦の穂が稔り、生気が満ちてくる時節。 麦秋を美しいと思うのは、どういうDNAに因るのか。 分からないけど、なぜかうっとり眺めてしまう。 上

続きを見る

「いちごジャム」でミニHACCP

函南町畑(はた)の茶畑から眺めた富士。 丹那盆地の周辺はいま、新緑が鮮やかです。 ちなみに、函南町には畑(はた)の他に、 畑毛(はたけ)という地区もあります。 そこには古くからの湯

続きを見る

為すべきことを為す

遅ればせながらですが- 皆さま、明けましておめでとうございます。 謹んで新年のお慶びを申し上げます。 平成から令和へと移り、 日本の政治からは「倫理」が絶滅したようです。 会社間の取引契

続きを見る

麦秋の一日

6月2日に開催された「森は海の恋人」植樹祭の報告をしなきゃ と思いつつも、いろいろと思いが拡散してうまく整理できず、 先に直近の報告を。   ご注文を賜りながら偉そうにケチつ

続きを見る

「水」がつなぐ、ということに・・

田植えが進んだ丹那盆地。   上から撮ってみたくなって、少し山を登ってみる。 もっと登れば、あるいは別な角度の道だと もっと眺望のいいスポットがあるんだけ

続きを見る

「平成」最後の日に

4月30日、「平成」最後の日。 世間はまるで大晦日のような雰囲気だ。 そんなお祭りムードで元号の変わり目を喜びバカ騒ぎできるのも、 崩御でなく生前での皇位継承によるからであって、 30年前の、

続きを見る

3ブランドによる価値創造はこれから、だ

県民投票による民意を「真摯に受け止め」ながら「軽く無視」して、 強引に進められる辺野古の基地建設は、どうやら 辺野古自身によって(まさに)泥沼にはまっていってるようです。 霞ヶ関では、「隠し

続きを見る

やおよろずに誓った新年

皆さま、明けましておめでとうございます。 お正月はいかがでしたでしょうか。 終わってみれば、 駅伝は青学4連覇、ラグビーは帝京9連覇。 もう我が母校(W)でなくてもいい、 来年は誰かやっつけ

続きを見る

関西よつ葉、二日目の交流会

11月23日(木・祝)、 晩秋の函南原生林を歩いた。 未来永劫にわたって暮らしの水を守るために 「不伐」を誓った森である。 年に何度か、僕はここに気をもらいに来る。 紅葉の見頃は過ぎてい

続きを見る

「食」を支える人が報われる社会を

炎暑が続く夏!となれば、 僕の心根はつい 故郷 に飛びがちになる。

吉田太郎が語る「コロナ後の食」(後編)

「食の未来をつくる生産者の会」主催による 吉田太郎さんのオンライン講

吉田太郎が語る「コロナ後の食」とは-

記録的な降雨量と日照不足を残して7月が去り、 8月1日、東海地方の梅

「Go To トラブル」?

7月20日、曇天と雨が続く中で、 今年初めてクマゼミの鳴き声(羽音だ

コロナ禍での模索

6月末から降り続く雨。 途中、一日だけ晴れ間を見たが、その日(7/1

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
フルーツバスケット 谷川俊太郎 COBOウエダ家 森は海の恋人 丹那盆地 ご当地エネルギー協会 ムーラン・ナ・ヴァン 畑が見える野菜ジュース 無添加ジャム 丹那トンネル あかね 丹那牛乳 酪農王国オラッチェ 函南町 久津間紀道さん 震災復興 稲田稲作研究会 自然エネルギー 桃ジャム 備蓄米 藻谷浩介さん 川里賢太郎さん 種蒔人 福島屋さん 大地を守る会 羽山園芸組合 畠山重篤さん ジェイラップ カフェ麦わらぼうし 箱根峠
PAGE TOP ↑