「 震災復興 」 一覧

一粒の涙に希望があることを-

21世紀枠の母校自慢はあと回しにして、 前回の最後に紹介したかった詩をアップします。 正確には、被災した福島の、女子高生の日記です。   私の周りでは、 原発を恐れて救

続きを見る

“忘れない” を誓う日

3月はプレッシャーの月である。 年度末の総括に決算、来期予算編成、人事考課・・・ 懸案だった就業規則の改定も終わらせたい。。。 中小企業のシャチョーが孤独とたたかう3月。 楽観主義者にならない

続きを見る

二本松にソーラーシェアリング完成

さんぶ野菜ネットワークの設立30周年記念 の式典に参加した翌10日(土)、 今度は福島県二本松市に向かう。 有機農業歴40年という歴史をもつ 「二本松有機農業研究会」から、 ソーラーシェ

続きを見る

放射能リテラシーという長い訓練

本日、冬のボーナス支給。 今期は順調で、予算(目標)も達成しているし、 何とかそれなりに(微妙?)出せたと思うのだが、 それでもこれでいいのかの自問自答は残る。 こういう時は、寅さんに出てくる

続きを見る

オーガニックコットンから考える未来

11月4日、 オーガニックコットン・ツアーの続き。 「いわき夏井ふぁーむ」コットン畑での ワタ摘みを終えて、小林夫妻宅で昼食をいただく。 いただいたのは、いくら丼! リピータ

続きを見る

オーガニックコットン・綿摘み体験

次は11月4日(土)。 福島・いわき市への日帰りエコツアーに参加した報告を。 主催はアウトドア・ウェアのトップブランド「パタゴニア」 &オイシックスドット大地(以下O.D)、そして エコツ

続きを見る

被災農家と歩み続けた「普及指導員」

なかなか落ち着いて書ける時間がなく、 間が空いてしまったけど、2点目の紹介です。 『聞く力、つなぐ力   -3.11東日本大震災 被災農家に寄り添いつづける普及指導員たち 』 (日本農業普

続きを見る

熊本地震1年、丹那断層の前で

熊本地震から1年が経った。 住宅被害が約20万棟(大分県含む)、 亡くなった方は直接死で50人、 避難所で亡くなるなどの災害関連死は170名を超えた。 そして今も4千世帯以上が応急仮設住宅に暮

続きを見る

僕たちも頑張る!鎮魂チャリティ

東日本大震災から6年が経った。 もう6年か・・・ 死者1万5893人、行方不明者2553人、震災関連死3523人。 ふるさとを追われ今も避難先で暮らす人、12万3千人。 うち原発事故による

続きを見る

オラッチェ「東日本大震災チャリティイベント」、今年も開催

2月23日(金)、 (株)大地を守る会臨時株主総会開催。 大地を守る会とオイシックスとの株式交換につき、承認を受ける。 翌24日(土)、 両社の経営幹部が河口湖に集合。 合併に向けた一泊

続きを見る

麦秋の一日

6月2日に開催された「森は海の恋人」植樹祭の報告をしなきゃ と思いつ

G20、追加注文は嬉しいけど・・

森を育む紙製飲料容器普及協議会(もりかみ協議会)から、 6月に開催さ

「水」がつなぐ、ということに・・

田植えが進んだ丹那盆地。   上から撮っ

3年ぶりの「堰さらい」で憂うこの国の姿

3年ぶりに帰ってきた。 「帰ってきた」とはおこがましいか。 以前だ

「願」成就を祈る、いや「誓う」で

その昔、桃源郷とも呼ばれた丹那盆地。 令和元年となった日の風景。

→もっと見る

  • 2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
藻谷浩介さん COBOウエダ家 谷川俊太郎 函南町 稲田稲作研究会 畑が見える野菜ジュース 川里賢太郎さん フルーツバスケット 丹那牛乳 畠山重篤さん 自然エネルギー 種蒔人 震災復興 あかね 久津間紀道さん ご当地エネルギー協会 福島屋さん 箱根峠 ムーラン・ナ・ヴァン 備蓄米 丹那盆地 桃ジャム 森は海の恋人 丹那トンネル ジェイラップ 無添加ジャム 大地を守る会 酪農王国オラッチェ カフェ麦わらぼうし 羽山園芸組合
PAGE TOP ↑