「 丹那牛乳&酪農王国オラッチェ 」 一覧

一粒の涙に希望があることを-

21世紀枠の母校自慢はあと回しにして、 前回の最後に紹介したかった詩をアップします。 正確には、被災した福島の、女子高生の日記です。   私の周りでは、 原発を恐れて救

続きを見る

“忘れない” を誓う日

3月はプレッシャーの月である。 年度末の総括に決算、来期予算編成、人事考課・・・ 懸案だった就業規則の改定も終わらせたい。。。 中小企業のシャチョーが孤独とたたかう3月。 楽観主義者にならない

続きを見る

観光立国の前に-

1月23日、函南にある別荘地「南箱根ダイヤランド」の レストランから撮った富士。 この厳寒期に頂上まで雪が溶けている姿を見たのは、 こっちに来て初めてだと思う。 やはりかなりの暖冬

続きを見る

みかんジュース始まる。中国から視察も-

夏のゲキ暑のせいで8月下旬に早々に収穫となって、 酪農王国オラッチェ内に転がされていた ハロウィン用おばけカボチャたちは、何とか持ちこたえた。 ハロウィン本番を前にした週末の渋谷はず

続きを見る

オラッチェ建国21周年

9月22日~24日。 3連休のこの日、酪農王国オラッチェの建国21周年を 記念して感謝祭が行われた。 昨年の20周年に続いて21周年記念・・・ 毎年やりたいってことね。

続きを見る

夏休みもオラッチェで交流会

我が社の事務所の前の、酪農王国オラッチェの通路に、 突然、おばけカボチャが雑然と並べられた。 聞けば、農場でハロウィン用に栽培していたところ、 猛暑のせいで生育が早まってしまって、収

続きを見る

今年も開催、30年目の「丹那交流会」

田植えもすべて終わって半月強くらい。 しっかりイネも活着して、育ち始めた田んぼに サギの姿も増えてきた丹那盆地の田園風景。 春の田起こしから始まって秋の収穫まで、 田の風景は田その

続きを見る

オラッチェに小錦八十吉現る

原生林の守り人-その2。 分かりますでしょうか。 人面ブナに出会ってから、 後を追いかけてくるように現れるんです。 守護霊になってくれればいいんだけど・・・ 原生林の帰りに眺

続きを見る

関西・秋の「よつ葉*交流会」

オーガニックコットン・ツアーの一週間後、 今度は関西に出張した。 11月11日(土)、 酪農王国オラッチェは、 32回目となる「丹那盆地まつり」の開催日。 出かける前に会社に寄ったところ

続きを見る

『オラッチェ』開国20周年

9月23-24日の両日、 『酪農王国オラッチェ』では、 開国20周年を迎え、感謝のイベントが催された。 前日からの雨で空模様が心配されたが、 時に晴れ間も見える曇天で、何とか持ってくれた。

続きを見る

元号の変わり目に-

5月1日をもって日本の元号が「令和」になります。 「初春令月 気淑風

一粒の涙に希望があることを-

21世紀枠の母校自慢はあと回しにして、 前回の最後に紹介したかった詩

“忘れない” を誓う日

3月はプレッシャーの月である。 年度末の総括に決算、来期予算編成、人

甲子園と「農家オブザイヤー」を考える。

この場で私的な話題を出して恐縮ですが、 私の母校(徳島県立富岡西高校

3ブランドによる価値創造はこれから、だ

県民投票による民意を「真摯に受け止め」ながら「軽く無視」して、 強引

→もっと見る

  • 2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
カフェ麦わらぼうし 畑が見える野菜ジュース 丹那牛乳 森は海の恋人 川里賢太郎さん 羽山園芸組合 あかね 備蓄米 稲田稲作研究会 ご当地エネルギー協会 震災復興 桃ジャム 福島屋さん 畠山重篤さん ジェイラップ 自然エネルギー 谷川俊太郎 無添加ジャム 種蒔人 函南町 大地を守る会 酪農王国オラッチェ 丹那トンネル ムーラン・ナ・ヴァン 箱根峠 藻谷浩介さん 久津間紀道さん フルーツバスケット 丹那盆地 COBOウエダ家
PAGE TOP ↑