「 食・農業・環境 」 一覧

2020年夏の「美」と「醜」を見せられて

8月に突入、連日猛暑が続く。 コロナ第5派の勢いも、凄まじい。 昨日から、緊急事態宣言は6都府県に広がって、 期間も8月いっぱいまで延長された。 ここ静岡県東部でも感染拡大が顕著になってき

続きを見る

竹林再生に向けて-「協議会」設立

2021/07/30 | 食・農業・環境

始まってしまえば、つい見てしまうオリンピック競技。 アスリートたちの一途なたたかいに、 また苦闘のヒストリーなど聞かされると、感動したりもする。 彼らに罪はない、のだろう。 しかし、「アン

続きを見る

竹林から「SDGs」へ-

7月13日夕刻、仕事を終えて外に出ると、 山肌からヒグラシのこだまが響いてきた。 僕の大好きな “ 初夏の夕暮れ ” の到来。 例年よりちょっと遅いか。 15日には、丹那盆地に赤とんぼ発見。

続きを見る

山って誰のものなんだろう‥

本日(7月9日)、 パートさん含め従業員全員に、無事、夏季賞与を支給。 何となく気持ちがひと段落した一日。 ボーナスもらって一喜一憂していた頃が懐かしい。 ああ、僕もボーナス欲しい・・・

続きを見る

日本百貨店「かんきつ まんきつ」フェアで

梅雨前線がしっかり張りつき、3日前から雨が続いている。 時に激しく降ってくる。 昨日(7/2)は、函南町にも大雨洪水警報が出された。 地盤のゆるみが心配になる。 ここ数年、 7月に入って

続きを見る

その先の “ コモンズ ” を信じて

今年の3月に生まれて初めて大きな病気をしました。 完治はしていません。治療は続いています。 体と何とか折り合いをつけながら暮らしている状態です。 改めていのちの有限性と真剣に向き合ったとき、

続きを見る

フランス人子供たちの森づくり体験

標高235mの丹那盆地に吹く風も、 だいぶ冷ややかになってきた。 富士山の雪はまだ少ない。 積もっては溶ける、を繰り返している。 北斎の赤富士(富嶽三十六景の「凱風快晴」)くらいだ。 大

続きを見る

残すべき「世界の農業遺産」-ワサビを!

前回からの続き。 日々の動きに、なかなかブログが追いつきません(泣)。 では、 「畳石式わさび田の仕組み(システム)は、完ぺきにエコである」から~ 「畳石(たたみいし)式わさび

続きを見る

秋の王国と、伊豆の森林(もり)づくり

10月28日(水)撮影。 秋晴れの下、酪農王国オラッチェでは、 満開のコスモスが皆さまをお迎えしています。 オラッチェに入るには、 マスク着用と手のアルコール消毒が入国条件となりま

続きを見る

オーガニックと自然エネルギー

「第5回オーガニックライフスタイルEXPO」  レポートの続き。 セミナーでは、自然エネルギー事業を展開する 農業者によるフォーラムを覗いた。 「東日本大震災から10年目を迎えて、  現

続きを見る

テレビでの紹介も痛し痒しか-

変異株オミクロンによる “ 第6派 ” 感染拡大の勢いが凄まじい。

浅田ファームさんと『里のゆず』

さて、正月明けの3連休。 のん気に北条家ゆかりの地を回ったりしながら

北条と「江間」

皆さま、あけましておめでとうございます。 実質3日間ぽっちの休暇

「歴史」の中に在ることを、忘れずにいたい。

「2021年の10の疑問と怒り、あるいは驚き」 続き。 第5位

2021年、残された10の疑問と怒り・・・

すっかりご無沙汰してしまいました。 あれよあれよという間に、年末崖っ

→もっと見る

  • 2022年5月
    « 1月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
ジェイラップ 久津間紀道さん 大地を守る会 川里賢太郎さん 自然エネルギー 稲田稲作研究会 藻谷浩介さん 無添加ジャム 種蒔人 丹那牛乳 酪農王国オラッチェ 丹那トンネル 畑が見える野菜ジュース 羽山園芸組合 福島屋さん あかね フルーツバスケット 畠山重篤さん 備蓄米 箱根峠 丹那盆地 COBOウエダ家 ご当地エネルギー協会 ムーラン・ナ・ヴァン 函南町 谷川俊太郎 震災復興 森は海の恋人 カフェ麦わらぼうし 桃ジャム
PAGE TOP ↑