「 食・農業・環境 」 一覧

対立から連携へ~ じゃなくて・・

2022/12/30 | 食・農業・環境

2022年も残すところ今日を含めて2日となり、 ついに書き切れず季節外れとなった「下書き保存」をすべて削除し、 これで本年最後の記録とします。   「有機農業 これまでの50

続きを見る

有機農業-これまでの50年と、これからの50年

2022/12/24 | 食・農業・環境

遅くなったけど、やっぱりこのレポートは残しておかないと 寝覚めが悪い。 べつに誰に咎められるものでもないはずなのに、 これは自分で勝手に思い決めた「義務」のようなものなんだろう。 年が明ける前

続きを見る

【ご案内】 民放&NHK6局連動『1.5℃ の約束』

2022/09/21 | 食・農業・環境

皆さま、台風14号の影響はいかがでしたでしょうか。 被害に遭われた方には、謹んでお見舞い申し上げます。 私事で恐縮ですが、約2年の自然農法農家での修行を経て、 今年3月から宮崎県えびの市に新

続きを見る

エネルギーなら、ここにある。

世間は、五輪汚職に旧統一教会との癒着問題で、騒がしい。 ワタクシも当然のごとく憤っておりますが、 それ以上に腰も抜けそうな呆然感のほうが勝っていて、 どう表現すればいいんだろう。。。 中原

続きを見る

爆弾ではなく、「緑のメッセージ」を!

「みどりとふれあうフェスティバル」レポートの続き。   「もりかみ協議会」(森を育む紙製飲料容器普及協議会)と、 お隣りで連携して展開する「木づかい運動」事務局のブースに、

続きを見る

2020年夏の「美」と「醜」を見せられて

8月に突入、連日猛暑が続く。 コロナ第5派の勢いも、凄まじい。 昨日から、緊急事態宣言は6都府県に広がって、 期間も8月いっぱいまで延長された。 ここ静岡県東部でも感染拡大が顕著になってき

続きを見る

竹林再生に向けて-「協議会」設立

2021/07/30 | 食・農業・環境

始まってしまえば、つい見てしまうオリンピック競技。 アスリートたちの一途なたたかいに、 また苦闘のヒストリーなど聞かされると、感動したりもする。 彼らに罪はない、のだろう。 しかし、「アン

続きを見る

竹林から「SDGs」へ-

7月13日夕刻、仕事を終えて外に出ると、 山肌からヒグラシのこだまが響いてきた。 僕の大好きな “ 初夏の夕暮れ ” の到来。 例年よりちょっと遅いか。 15日には、丹那盆地に赤とんぼ発見。

続きを見る

山って誰のものなんだろう‥

本日(7月9日)、 パートさん含め従業員全員に、無事、夏季賞与を支給。 何となく気持ちがひと段落した一日。 ボーナスもらって一喜一憂していた頃が懐かしい。 ああ、僕もボーナス欲しい・・・

続きを見る

日本百貨店「かんきつ まんきつ」フェアで

梅雨前線がしっかり張りつき、3日前から雨が続いている。 時に激しく降ってくる。 昨日(7/2)は、函南町にも大雨洪水警報が出された。 地盤のゆるみが心配になる。 ここ数年、 7月に入って

続きを見る

ワイン用ぶどうで作った “ 品格ある ” ジュースの完成!

党派・結社に倚らず、組織的しがらみの空気も読まず、 権力的地位の濫用

「どんど焼き」とともに、遠吠えを

岸田首相の年頭会見には、まだ言いたいことがある。 「本日の遠吠え」を

“ withコロナ ” 時代は腸活で-

新年早々、この国の首相がこう宣(のたま)われた。 「インフレ率を

「謹賀新年」-恒例の賀状も最後でしょうか・・

皆さま。 明けましておめでとうございます。 1月4日より、予定通り

対立から連携へ~ じゃなくて・・

2022年も残すところ今日を含めて2日となり、 ついに書き切れず季節

→もっと見る

  • 2023年1月
    « 12月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
稲田稲作研究会 箱根峠 あかね ご当地エネルギー協会 フルーツバスケット 久津間紀道さん 藻谷浩介さん 羽山園芸組合 桃ジャム 森は海の恋人 自然エネルギー 丹那牛乳 畑が見える野菜ジュース 函南町 COBOウエダ家 震災復興 大地を守る会 丹那盆地 ムーラン・ナ・ヴァン カフェ麦わらぼうし 無添加ジャム 酪農王国オラッチェ 福島屋さん ジェイラップ 畠山重篤さん 谷川俊太郎 種蒔人 丹那トンネル 備蓄米 川里賢太郎さん
PAGE TOP ↑