「 雑記その他 」 一覧

「どんど焼き」とともに、遠吠えを

岸田首相の年頭会見には、まだ言いたいことがある。 「本日の遠吠え」を、もうひとつ。 -「異次元の少子化対策」に対して- 軍事増税のために後回しにしたのかと思ったら、 大胆っぽい、高らか

続きを見る

「謹賀新年」-恒例の賀状も最後でしょうか・・

皆さま。 明けましておめでとうございます。 1月4日より、予定通り業務を再開しております。 昭和の人間には、正月の楽しみのひとつでもある年賀状ですが、 昨年末から今年の年賀状にかけて、

続きを見る

栗と、地球の涙

2022/10/15 | 雑記その他

台風の波状攻撃を受けながら持ちこたえた田んぼも、 10月に入り、無事刈り取られた。 酪農の地であるここ丹那盆地では、稲ワラは大事な畜産飼料となる。 収穫後、数日田んぼに干されていたワ

続きを見る

独りぼっちのお盆 (雑感)

前回の「藤本さん20回忌」で書けなかったこと。 往復の送迎バスで東京湾アクアラインを初めて通ったけど、 改めて東京湾の広さを感じた。 かつて「大地を守る会」時代に、 東京湾に残る干潟「

続きを見る

藤本敏夫さん20年忌に集う

7月31日は、「大地を守る会」初代会長である故・藤本敏夫さんの命日である。 亡くなられたのが2002年(享年58歳)。 今年で20年になる。 その没20年のこの日、関係者が集まって藤本さんを偲

続きを見る

“ 成熟した民主主義国家 ” ・・・なのか

2022/07/16 | 雑記その他

今年の夏は、セミの声が聞こえてこない。。。 そう思っていたら、7月13日、 ようやくクマゼミの鳴き声(羽音だけど)を聞いた。 しかし、どうも寂しい。 一斉にシャーシャーシャーシャーと鳴き出

続きを見る

「ひまわり」と戦争・・・

7月に入り、酪農王国オラッチェの入口では ヒマワリの花が咲いて、皆様をお出迎えしています。   記録的な短さで梅雨が明け、いきなりの猛暑となりましたが、 皆さまお変わ

続きを見る

爆弾ではなく、「緑のメッセージ」を!

「みどりとふれあうフェスティバル」レポートの続き。   「もりかみ協議会」(森を育む紙製飲料容器普及協議会)と、 お隣りで連携して展開する「木づかい運動」事務局のブースに、

続きを見る

「歴史」の中に在ることを、忘れずにいたい。

2021/12/31 | 雑記その他

「2021年の10の疑問と怒り、あるいは驚き」 続き。 第5位‥‥マシーン色の「みどり」戦略で有機農業の拡大とは?      今年5月に農水省が発表した「みどりの農業システム戦略」。   

続きを見る

2021年、残された10の疑問と怒り・・・

2021/12/30 | 雑記その他

すっかりご無沙汰してしまいました。 あれよあれよという間に、年末崖っぷちであります。 書かなくなると、書けなくなる。。。 いわゆるスランプとかではなく、 本当に書けなくなってしまうのです。

続きを見る

ワイン用ぶどうで作った “ 品格ある ” ジュースの完成!

党派・結社に倚らず、組織的しがらみの空気も読まず、 権力的地位の濫用

「どんど焼き」とともに、遠吠えを

岸田首相の年頭会見には、まだ言いたいことがある。 「本日の遠吠え」を

“ withコロナ ” 時代は腸活で-

新年早々、この国の首相がこう宣(のたま)われた。 「インフレ率を

「謹賀新年」-恒例の賀状も最後でしょうか・・

皆さま。 明けましておめでとうございます。 1月4日より、予定通り

対立から連携へ~ じゃなくて・・

2022年も残すところ今日を含めて2日となり、 ついに書き切れず季節

→もっと見る

  • 2023年1月
    « 12月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
ムーラン・ナ・ヴァン フルーツバスケット ご当地エネルギー協会 酪農王国オラッチェ カフェ麦わらぼうし 種蒔人 福島屋さん 丹那盆地 大地を守る会 川里賢太郎さん COBOウエダ家 ジェイラップ 自然エネルギー 畑が見える野菜ジュース 箱根峠 谷川俊太郎 桃ジャム 羽山園芸組合 あかね 無添加ジャム 備蓄米 丹那トンネル 震災復興 畠山重篤さん 稲田稲作研究会 函南町 森は海の恋人 藻谷浩介さん 丹那牛乳 久津間紀道さん
PAGE TOP ↑