「 あんしんはしんどい日記 」 一覧

脱ダムから15年、未だ傷癒えぬユズの村

夏休み中に発せられた安部首相の戦後70年談話には、 いろいろと突っ込みたくなるけれど、 ここで触れるのはやめておいて、 代わりに大地を守る会HPで発表された 「私たち大地を守る会の戦後70年談

続きを見る

パン嫌いを感動させたジャム

暑い暑いと音を上げている間にも、 丹那盆地の田園にはアキアカネの姿が見えるようになった。 森ではヒグラシやクマゼミに加えて ミンミンゼミの声も混じるようになり、 夏も後半に入ってきたことが窺え

続きを見る

ヒグラシの季節にオリーブを植える。

一週間ほど前から、夕方になるとヒグラシが鳴くようになった。 森にこだまするその合唱は、一人暮らしに哀愁を運んできて、 けっこうこたえる。 あるいは竹やイタドリの藪と化した裏庭を眺めながら聴くと、

続きを見る

岩手から神奈川へ、旅した苗木を植える

先週土曜日(23日)は、 神奈川県秦野(はだの)市でのコナラの植林に参加してきた。 函南から秦野の山まで車で1時間ちょっと。 集合場所は、秦野市森林組合が運営する 「秦野市里山ふれあいセンター

続きを見る

恵比寿で『大人のおいしい休日』

ゴールデンウィークの真っただ中に入った今日、 我々フルーツバスケット営業部隊3名は 東京・恵比寿まで出張し、 ガーデンプレイスで開かれたマルシェ 『Life is Delicious 大人のお

続きを見る

『三陸鉄道 藻谷浩介講演ツアー』後編-気仙沼へ

なかなかスピーディに書き進められず、すみません。 三陸鉄道ツアーの続きを。 三陸鉄道南リアス線の終点・盛(さかり)駅でレトロ列車と別れた 我々『藻谷ツアー』一行は、再びバスに乗って気仙沼へと

続きを見る

『三陸鉄道 藻谷浩介講演ツアー』(前編)

藻谷(もたに)浩介さん。 1964年、山口県生まれ。現在(株)日本総合研究所調査部主席研究員。 経済アナリスト(分析家・評論家)と呼んでしまうと、 この方の実相がぼやけてしまうように思う。 と

続きを見る

横浜に COBO さん新ラボ・オープン。

17日(金)は新人の歓迎会で一杯やって、 その足で夜のうちに東京までたどり着いて、 翌18日、岩手まで向かう。 10時15分、東北新幹線・新花巻駅集合に無事間に合って、 次に乗り込んだのは

続きを見る

丹那の山にも春が来て-

桜が一気に開花した。 29日(日)にはようやく蕾が開き始めたと思ったら、 陽気のせいでか、 二日後の今日はもう7~8分咲きくらいだろうか。 標高350mあたりの我が

続きを見る

オラッチェ・チャリティ、113万達成!

3月はどうも落ち着かない。 3.11前後は心がザワザワするし、 後半に入ってからは 今期の総括やら人事関係やら新年度の予算作成などもあって、 ブログの更新もままならない心境になっていた。

続きを見る

竹林再生へのキックオフ!

皆さま、お久しぶりです。 といっても、もうすっかり忘れ去られたかもし

no image
お詫びと、記事削除のご報告

古い日記で恐縮ですが、 「大地を守る会」時代の 2014年6月15

“ 祭典 ” の陰で、また向こうで-

8月8日。 賛否入り乱れる中、『東京オリンピック2020』閉幕。

2020年夏の「美」と「醜」を見せられて

8月に突入、連日猛暑が続く。 コロナ第5派の勢いも、凄まじい。

竹林再生に向けて-「協議会」設立

始まってしまえば、つい見てしまうオリンピック競技。 アスリートたちの

→もっと見る

  • 2021年10月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
久津間紀道さん 無添加ジャム 自然エネルギー 丹那盆地 種蒔人 畠山重篤さん 桃ジャム ジェイラップ 羽山園芸組合 備蓄米 大地を守る会 丹那牛乳 森は海の恋人 福島屋さん 畑が見える野菜ジュース 酪農王国オラッチェ 谷川俊太郎 藻谷浩介さん ムーラン・ナ・ヴァン 丹那トンネル ご当地エネルギー協会 COBOウエダ家 箱根峠 震災復興 フルーツバスケット 稲田稲作研究会 函南町 あかね カフェ麦わらぼうし 川里賢太郎さん
PAGE TOP ↑