「 あんしんはしんどい日記 」 一覧

かんなみフェス

12月10日(土)、 函南町の道の駅「ゲートウェイ函南」開駅5周年を記念して、 『かんなみフェス』が催された。 12月にしては気温も暖かく、好天に恵まれた。 道の駅と川の駅を挟む河川敷手前

続きを見る

有機農業の未来を語る「藤本敏夫没後20年記念シンポジウム」の開催

こよみは早くも11月に入り、 丹那盆地に吹く風も冷たくなってきました。 秋の深まりを感じる今日この頃。 アパートのお隣の庭に植えられている柿も 落っこちそうです・・・ 静岡県

続きを見る

「酪農王国」建国25周年!

台風11号、12号、14号、15号・・・ 4週連続で週末に台風の影響を受けた日本列島。 15号では静岡県に記録的大雨をもたらし、 土砂崩れによる死者が出たほか、 静岡市内では大規模な断水と

続きを見る

国産ザーサイを広げよう!

新型コロナウィルス感染者数は やや減少に転じつつあるように見られるも、 まだ高止まってもいて、じらされる日々が続く。 とうとうわが国の総理まで感染したらしい。 はたしてワクチンは効果が上が

続きを見る

「有機農業は “ 生き方 ” だ」-小林芳正さんを悼む

続いて、竹材活用の新たな可能性を探って 静岡市まで出向いた話を書こうと思っていたところ、 7月6日(水)の昼過ぎ、 大和川酒造店の佐藤和典さん(6月まで社長、現在顧問) から携帯に電話が入り、

続きを見る

クラリズム!

6月14日、東海地方が梅雨入りした。 と思ったら、20日には沖縄が梅雨明け宣言ときた。 能登半島では地震が続いている。心配ですね。。。 そんな時に不謹慎な言い方だけど、 僕はこんな変化

続きを見る

後に引けなくなった「メンマ」開発

僕の天ぷらアリ地獄は、山菜の季節とともに終わった。 かき揚げがどうしてもキレイにできなかった悔しさとともに。。。   ま、そんな自分話は置いといて、 ワタクシを天ぷら三昧に誘

続きを見る

天ぷら三昧の春、でした。

この春は、天ぷらをよく食べた。 単身生活も8年になるけど、 自炊で、揚げ物はどうにもやる気にならなかった。 油がもったいないし、片付けも面倒くさいし、だけでなく、 つい作り過ぎたり、そ

続きを見る

爆弾ではなく、「緑のメッセージ」を!

「みどりとふれあうフェスティバル」レポートの続き。   「もりかみ協議会」(森を育む紙製飲料容器普及協議会)と、 お隣りで連携して展開する「木づかい運動」事務局のブースに、

続きを見る

みどりとふれあうフェスティバル

本日(6月13日)、株式会社フルーツバスケットの株主総会を開催。 株主様(オイシックス・ラ・大地㈱)から不信任は出されず、 お陰さまで首はまたもう一年、つながりました。 社長業も8年目に突入

続きを見る

ワイン用ぶどうで作った “ 品格ある ” ジュースの完成!

党派・結社に倚らず、組織的しがらみの空気も読まず、 権力的地位の濫用

「どんど焼き」とともに、遠吠えを

岸田首相の年頭会見には、まだ言いたいことがある。 「本日の遠吠え」を

“ withコロナ ” 時代は腸活で-

新年早々、この国の首相がこう宣(のたま)われた。 「インフレ率を

「謹賀新年」-恒例の賀状も最後でしょうか・・

皆さま。 明けましておめでとうございます。 1月4日より、予定通り

対立から連携へ~ じゃなくて・・

2022年も残すところ今日を含めて2日となり、 ついに書き切れず季節

→もっと見る

  • 2023年1月
    « 12月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
丹那トンネル 森は海の恋人 桃ジャム ジェイラップ 畠山重篤さん 畑が見える野菜ジュース あかね 福島屋さん 丹那牛乳 函南町 丹那盆地 種蒔人 藻谷浩介さん ご当地エネルギー協会 箱根峠 稲田稲作研究会 備蓄米 酪農王国オラッチェ カフェ麦わらぼうし COBOウエダ家 谷川俊太郎 久津間紀道さん 震災復興 自然エネルギー 大地を守る会 無添加ジャム 川里賢太郎さん フルーツバスケット 羽山園芸組合 ムーラン・ナ・ヴァン
PAGE TOP ↑