「 あんしんはしんどい日記 」 一覧

未来に種を蒔き続ける酒、でありたい。

2月9日(土)。 函南から熱海-東京-郡山-会津若松と乗り継いで、 JR磐越西線・喜多方駅に着いた時には、 もう午後3時近くになっていた。 大地を守る会オリジナル純米酒「種蒔人」の 新酒

続きを見る

新年に「嘘」を語る悲しき時代よ

皆さま。 遅まきながら、明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 1月4日(金)朝7時10分。 アパートの玄関を出たところで、富士に一礼。

続きを見る

感謝とともに、来年も「生きましょう」

函南のアパートの玄関から出た道の向かいに、 一本の木が立っている。 しばらく前に白い釣鐘状の花を咲かせていて、 何ていう木だろうと思いながら、そのまま忘れてしまった。 それが数日前にふと見

続きを見る

「伊豆の鹿肉」の販売を始めます。

10月に入り、 日一日と気温が下がっていくのを感じる今日この頃。 皆さまお変わりありませんでしょうか。 あれやこれやと用務に追われているうちに、 一本も書けないまま今月も下旬となりましたが

続きを見る

野田克己さん

9月8日(土)六本木にて、 大地を守る会(以下、大地)で27年務められ、 6月に引退された野田克己さんの慰労会が行われた。 他団体の方々もたくさん出席されて、 野田さんの功績の大きさが表れてい

続きを見る

自然に翻弄された平成最後の夏

遅ればせながら、台風21号と北海道地震で被害に遭われた方々に 心よりお見舞い申し上げます。 また一日も早く暮らしの安寧が戻られることを願っております。   台風21号では、台

続きを見る

7回目の「風土 in FOOD」

今年も来てしまった。 というか、やっぱ来ないと気持ちが済まない。 8月4日(土)、福島県須賀川市泉田字作田。 田んぼで生きてきたような地名の場所で、 ジェイラップが主催する夏祭り「風土 ㏌ F

続きを見る

オーガニックを選ぶ7つの理由

本日、 埼玉・熊谷で41.1度、国内観測史上最高温度を記録した。 酷暑も「災害級」と報じられている。 そんな殺人的暑さが続く中、 そしてまだ中国地方では避難状態が続く中、 国会では、改正

続きを見る

国土の劣化が進む中で-

「にっぽんのお茶」50箱(1,200本)、 支援物資として積み込んでいる様子の写真が届いた。 ヒロシマコープの方から、積み込むのが大変そうだったと 聞かされたけど、ワゴン車だったんだね。

続きを見る

反省・・・

早々と桜が散ったあとに、ツバメの姿が見え始める。 営巣場所を探して軒下などを飛び回るのだが、 さすがに食品会社としてはお断りせざるを得ず、 巣作りを始めようとする気配が見えただけで、職員が追い払

続きを見る

元号の変わり目に-

5月1日をもって日本の元号が「令和」になります。 「初春令月 気淑風

一粒の涙に希望があることを-

21世紀枠の母校自慢はあと回しにして、 前回の最後に紹介したかった詩

“忘れない” を誓う日

3月はプレッシャーの月である。 年度末の総括に決算、来期予算編成、人

甲子園と「農家オブザイヤー」を考える。

この場で私的な話題を出して恐縮ですが、 私の母校(徳島県立富岡西高校

3ブランドによる価値創造はこれから、だ

県民投票による民意を「真摯に受け止め」ながら「軽く無視」して、 強引

→もっと見る

  • 2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
COBOウエダ家 無添加ジャム 大地を守る会 カフェ麦わらぼうし フルーツバスケット 福島屋さん 丹那盆地 谷川俊太郎 あかね 種蒔人 桃ジャム 畑が見える野菜ジュース 備蓄米 藻谷浩介さん 川里賢太郎さん 羽山園芸組合 ご当地エネルギー協会 酪農王国オラッチェ 函南町 ジェイラップ 震災復興 畠山重篤さん 丹那牛乳 ムーラン・ナ・ヴァン 箱根峠 自然エネルギー 森は海の恋人 丹那トンネル 久津間紀道さん 稲田稲作研究会
PAGE TOP ↑