「 あんしんはしんどい日記 」 一覧

3年ぶりの「堰さらい」で憂うこの国の姿

3年ぶりに帰ってきた。 「帰ってきた」とはおこがましいか。 以前だって年に1~2回しか訪ねて来なかった場所である。 でも、気分は「帰ってきたぞ~」なのだ。 福島県喜多方市山都町、本木集落。

続きを見る

「願」成就を祈る、いや「誓う」で

その昔、桃源郷とも呼ばれた丹那盆地。 令和元年となった日の風景。 気淑(よ)く風和らぎ・・・ いや今日のここは、風さやかに~ だ。 レンガ色の建物に囲まれた一角が、フルーツバス

続きを見る

「平成」最後の日に

4月30日、「平成」最後の日。 世間はまるで大晦日のような雰囲気だ。 そんなお祭りムードで元号の変わり目を喜びバカ騒ぎできるのも、 崩御でなく生前での皇位継承によるからであって、 30年前の、

続きを見る

年々早まるパインの収穫にG20・・

藪のほうから鶯の鳴き声が聞こえてくる。 ホ、ホ、ホ、ホ、ホ、ケキョ! ・・・ン? 数十メートル離れたところからもう一羽。 ホー、ホケキョ!-カンペキだ。 ベテランと新人の競演、いやたたかいの

続きを見る

未来に種を蒔き続ける酒、でありたい。

2月9日(土)。 函南から熱海-東京-郡山-会津若松と乗り継いで、 JR磐越西線・喜多方駅に着いた時には、 もう午後3時近くになっていた。 大地を守る会オリジナル純米酒「種蒔人」の 新酒

続きを見る

新年に「嘘」を語る悲しき時代よ

皆さま。 遅まきながら、明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 1月4日(金)朝7時10分。 アパートの玄関を出たところで、富士に一礼。

続きを見る

感謝とともに、来年も「生きましょう」

函南のアパートの玄関から出た道の向かいに、 一本の木が立っている。 しばらく前に白い釣鐘状の花を咲かせていて、 何ていう木だろうと思いながら、そのまま忘れてしまった。 それが数日前にふと見

続きを見る

「伊豆の鹿肉」の販売を始めます。

10月に入り、 日一日と気温が下がっていくのを感じる今日この頃。 皆さまお変わりありませんでしょうか。 あれやこれやと用務に追われているうちに、 一本も書けないまま今月も下旬となりましたが

続きを見る

野田克己さん

9月8日(土)六本木にて、 大地を守る会(以下、大地)で27年務められ、 6月に引退された野田克己さんの慰労会が行われた。 他団体の方々もたくさん出席されて、 野田さんの功績の大きさが表れてい

続きを見る

自然に翻弄された平成最後の夏

遅ればせながら、台風21号と北海道地震で被害に遭われた方々に 心よりお見舞い申し上げます。 また一日も早く暮らしの安寧が戻られることを願っております。   台風21号では、台

続きを見る

麦秋の一日

6月2日に開催された「森は海の恋人」植樹祭の報告をしなきゃ と思いつ

G20、追加注文は嬉しいけど・・

森を育む紙製飲料容器普及協議会(もりかみ協議会)から、 6月に開催さ

「水」がつなぐ、ということに・・

田植えが進んだ丹那盆地。   上から撮っ

3年ぶりの「堰さらい」で憂うこの国の姿

3年ぶりに帰ってきた。 「帰ってきた」とはおこがましいか。 以前だ

「願」成就を祈る、いや「誓う」で

その昔、桃源郷とも呼ばれた丹那盆地。 令和元年となった日の風景。

→もっと見る

  • 2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
大地を守る会 藻谷浩介さん 畑が見える野菜ジュース 丹那トンネル 丹那盆地 畠山重篤さん 酪農王国オラッチェ ご当地エネルギー協会 ムーラン・ナ・ヴァン COBOウエダ家 あかね 函南町 福島屋さん 震災復興 谷川俊太郎 ジェイラップ 川里賢太郎さん 箱根峠 備蓄米 森は海の恋人 稲田稲作研究会 カフェ麦わらぼうし 桃ジャム 羽山園芸組合 無添加ジャム 丹那牛乳 種蒔人 フルーツバスケット 自然エネルギー 久津間紀道さん
PAGE TOP ↑