「 脱原発・自然エネルギー 」 一覧

自然再生エネの希望と課題

2月13日(土)。 700字程度の小さな原稿を書く。 親会社「オイシックス・ラ・大地㈱」の職員による 自主的な活動グループ 「大地を守る・くらしからエネルギーを考える会」 (以下「大エネ

続きを見る

ご当地エネも、頑張ってる。

11月に入ってもなおコロナ禍は収まるどころか、 むしろふたたび(三たび?)急増・拡大の様相である。 イギリスでは、イングランド全域での 2度目のロックダウン措置が発表された。 日本では10月2

続きを見る

オーガニックと自然エネルギー

「第5回オーガニックライフスタイルEXPO」  レポートの続き。 セミナーでは、自然エネルギー事業を展開する 農業者によるフォーラムを覗いた。 「東日本大震災から10年目を迎えて、  現

続きを見る

オーガニックなライフスタイル・・・

丹那盆地を囲む山のあちこちに散見される 蕎麦畑の花が、満開を迎えている。 ( ↓ 10月12日撮影) それらの畑は、“ 丹那産そば100% ” を売りにする 『そば処 亮月』のご主

続きを見る

10月のプレイバック(前半戦)

10月が嵐のように、いや文字通り嵐をはさんで 走り去っていった。 これも伝えたい、あれも書きたいと、ただ思うだけで書く間もなく 次への対処に追われる、まるで弱小ラグビー部のような展開・・・ (

続きを見る

ヤエモンさんとの約束

7月28日、東海地方もようやく梅雨が明けました。 正確には「明けたと思われる」ですが。。。 平年より1週間遅く、異常に早かった昨年とは19日の差がある。 毎年々々、フツーじゃない天候に振り回

続きを見る

茶畑ソーラーシェアリング

前回からの続きを。 6月29日(土)、 「全国ご当地エネルギー協会」定期総会の前日、 営農型太陽光発電の事例を学ぼうと、 茶畑ソーラーシェアリングの現場を訪ねた。 場所は菊川市、㈱流

続きを見る

金子教授、「ご当地エネ」総会で吠える

記録的な日照不足と低温が続いています。 なんでも1993(平成5)年以来だとか。 忘れもしない、あの「平成の米パニック」の年以来・・ 気になっていたエルニーニョは終息したようで、 このまま冷夏

続きを見る

「平成」最後の日に

4月30日、「平成」最後の日。 世間はまるで大晦日のような雰囲気だ。 そんなお祭りムードで元号の変わり目を喜びバカ騒ぎできるのも、 崩御でなく生前での皇位継承によるからであって、 30年前の、

続きを見る

未来に種を蒔き続ける酒、でありたい。

2月9日(土)。 函南から熱海-東京-郡山-会津若松と乗り継いで、 JR磐越西線・喜多方駅に着いた時には、 もう午後3時近くになっていた。 大地を守る会オリジナル純米酒「種蒔人」の 新酒

続きを見る

「宣言」の罠 ?

何年か前にも吐露したように思うけど、 3月はストレスの月である。

ワクチンと家畜について

首都圏では緊急事態が続く2月23日(祝日)、 函南町の真ん中を蛇行し

自然再生エネの希望と課題

2月13日(土)。 700字程度の小さな原稿を書く。 親会社「

古い船をいま 動かせるのは・・・

2月に入っても新型コロナ感染は収束せず、 2月2日、緊急事態の延長が

この国の今、どんな「歴史」になるのだろう・・

実にいろんなことが起きて、 世情についていけない日々。。。 緊

→もっと見る

  • 2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
稲田稲作研究会 種蒔人 大地を守る会 ご当地エネルギー協会 無添加ジャム COBOウエダ家 丹那トンネル 箱根峠 カフェ麦わらぼうし フルーツバスケット 久津間紀道さん 谷川俊太郎 自然エネルギー 藻谷浩介さん 震災復興 川里賢太郎さん 酪農王国オラッチェ 丹那盆地 畠山重篤さん 丹那牛乳 森は海の恋人 桃ジャム 函南町 備蓄米 羽山園芸組合 あかね 畑が見える野菜ジュース ムーラン・ナ・ヴァン ジェイラップ 福島屋さん
PAGE TOP ↑