「 米プロジェクト21 」 一覧

「有機農業は “ 生き方 ” だ」-小林芳正さんを悼む

続いて、竹材活用の新たな可能性を探って 静岡市まで出向いた話を書こうと思っていたところ、 7月6日(水)の昼過ぎ、 大和川酒造店の佐藤和典さん(6月まで社長、現在顧問) から携帯に電話が入り、

続きを見る

3年ぶりの「堰さらい」で憂うこの国の姿

3年ぶりに帰ってきた。 「帰ってきた」とはおこがましいか。 以前だって年に1~2回しか訪ねて来なかった場所である。 でも、気分は「帰ってきたぞ~」なのだ。 福島県喜多方市山都町、本木集落。

続きを見る

未来に種を蒔き続ける酒、でありたい。

2月9日(土)。 函南から熱海-東京-郡山-会津若松と乗り継いで、 JR磐越西線・喜多方駅に着いた時には、 もう午後3時近くになっていた。 大地を守る会オリジナル純米酒「種蒔人」の 新酒

続きを見る

4年ぶり、「体験田」を訪ねる

溜まった日記を続ける。 話が前後しちゃうけど、 6月中に関東地方の梅雨が明ける(東海地方はまだ) という異常気象が続くなか、待っていた荷が届いた。 山形県東根市、奥山博・博文親子の育てたサ

続きを見る

「種蒔人」25回目の誕生、次の四半世紀へ

2月3日(土)、 昨年紹介した渡辺智史監督の新作ドキュメンタリー映画 『おだやかな革命』が東中野の「ポレポレ東中野」にて封切りとなり、 勇んで出かけたところ、何と!! 満席で入れないという事態

続きを見る

『風土 ㏌ FOOD』と「郷酒」の金賞

越後妻有のレポートをしつこく続けている間に、 専門委員会「米プロジェクト21」(以下、米プロ) の別動隊からは、 同じ日(8/5)に須賀川(福島県)で開催された 『風土 in FOOD』の楽し

続きを見る

『大地の芸術祭』の里めぐり

さてと、この体験をどうまとめればいいか。。。 たんなる報告や感想で終われない気がしてしまうのは、 おそらく僕がいつか形にしたいと考えていたテーマに、 深くクロスしてしまったからだと思われる。

続きを見る

強行採決の日に

たとえば、花見であればビールや弁当を持っているが、 (犯行の)下見であれば地図や双眼鏡、 メモ帳などを持っている。 いわゆる「共謀罪」を含む 組織的犯罪処罰法の改正をめぐる国会質疑での、 金

続きを見る

ミツバチになろう

道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」がオープンして、 物産館での売り上げが日々メールで送られてくる。 好調なのが「手むきみかんジュース」だ。 販売は委託なので手はかからないが、 毎日誰かが補充に走る

続きを見る

今年も “種を蒔き続けよう” -「第21回大和川酒造交流会」

2月11日(土)。 福島は会津・喜多方、大和川酒造店にて、 大地を守る会オリジナル日本酒「種蒔人」(たねまきびと)の 新酒完成を祝う交流会が開催された。 このお酒が造られて24年。 原料

続きを見る

ワイン用ぶどうで作った “ 品格ある ” ジュースの完成!

党派・結社に倚らず、組織的しがらみの空気も読まず、 権力的地位の濫用

「どんど焼き」とともに、遠吠えを

岸田首相の年頭会見には、まだ言いたいことがある。 「本日の遠吠え」を

“ withコロナ ” 時代は腸活で-

新年早々、この国の首相がこう宣(のたま)われた。 「インフレ率を

「謹賀新年」-恒例の賀状も最後でしょうか・・

皆さま。 明けましておめでとうございます。 1月4日より、予定通り

対立から連携へ~ じゃなくて・・

2022年も残すところ今日を含めて2日となり、 ついに書き切れず季節

→もっと見る

  • 2023年1月
    « 12月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
丹那盆地 福島屋さん COBOウエダ家 桃ジャム 種蒔人 備蓄米 カフェ麦わらぼうし フルーツバスケット 藻谷浩介さん 畑が見える野菜ジュース 箱根峠 自然エネルギー 無添加ジャム 大地を守る会 ムーラン・ナ・ヴァン 川里賢太郎さん 畠山重篤さん 谷川俊太郎 丹那トンネル 久津間紀道さん 羽山園芸組合 ジェイラップ 函南町 酪農王国オラッチェ 丹那牛乳 震災復興 あかね ご当地エネルギー協会 稲田稲作研究会 森は海の恋人
PAGE TOP ↑